パナソニック_ソウゾウノート

一人ひとりが、いま以上の「いま」をソウゾウしてゆくために。パナソニックの公式note「ソウゾウノート」は、<あしたのソウゾウが響き合う>をコンセプトに、毎日の営みのなかでこれからの道をソウゾウしていく場所です。みなさんがソウゾウしたことも教えてくださいね。

パナソニック_ソウゾウノート

一人ひとりが、いま以上の「いま」をソウゾウしてゆくために。パナソニックの公式note「ソウゾウノート」は、<あしたのソウゾウが響き合う>をコンセプトに、毎日の営みのなかでこれからの道をソウゾウしていく場所です。みなさんがソウゾウしたことも教えてくださいね。

マガジン

  • 一人ひとりの物語に、一人ひとりのパナソニック

    パナソニックの人は、一人ひとりが志とそれぞれの夢を持っています。そしてそのすべては「物も心も豊かな理想の社会」の実現のためにあります。そんなパナソニックで働く一人ひとりの志や夢をお伝えします。2021年5月からは毎週日曜日に掲載していきます。おたのしみに。

  • 【内定者編集部】#こうして今パナソニックにいる

    はたらくってなんだろう、自分って何者だろう、自分にできることってなんだろう。まずは知るところから始めてみよう。パナソニックグループの内定者から見た、パナソニックグループで働く人をお届けします。

  • 僕らの時代

    noteマガジン『僕らの時代』は、様々なフィールドでソウゾウリョクを発揮し、挑戦を続けている方々とコラボレーションしていく連載企画です。

  • 未来をつくる技術の現場から

    日々変化する世界の中で、「理想のくらし」をつくり続けるパナソニック。その現場ではたらく技術者たちにスポットライトをあて、商品開発のストーリーや、チームとしてプロジェクトにかける想いをお届けします。毎週月曜日に掲載していきます。おたのしみに!

  • Join2025

    大阪・関西万博に向けたパナソニックの想いや情報を発信していきます。

リンク

最近の記事

  • 固定された記事

【同級生対談】ガンバ大阪 東口順昭選手×元バレーボール日本代表 福澤達哉

ガンバ大阪で活躍する、ゴールキーパー 東口 順昭選手。実は元バレーボール日本代表で、現在パナソニック オペレーショナルエクセレンス(株)で広報を担当する福澤 達哉とは、同じ高校の同級生(!)という間柄。当時あまり接点はなかったものの、それぞれがお互いの活躍する姿に注目し、リスペクトしてきたという二人。今回、知られざる学生時代の秘話や、一流アスリートへステップアップしてきた経緯、長く第一線で活躍する中で大切にしてきたことなどを、約20年の時を経て語り合いました。 東口: 同じ

    • 電池のソフトウェアを進化させて、もっと安全に世界を動かしたい。

      小さな頃から、「おもしろそう」に導かれるように貝野友美は、進むべき道を選んできた。直感的に惹かれたモノゴトは、やってみないと気が済まない。過去や経験にとらわれることなく、今自分が感じている気持ちに素直に向き合う。そうしてたどり着いたのが、電池のソフトウェアを開発する仕事だった。 幼少期を過ごしたのは、京都府福知山と大阪府堺市。6歳まで過ごした自然豊かな福知山では、木に登って遊んでいたのを覚えている。堺に移り住んでからも、男の子と一緒にサッカーをするようなおてんばだった。昔か

      • 「ここまでやってくれる人、初めてや!」が聞きたくて。隠れた要望に応える、フィールドSEの思い

        軽さ、頑丈さ、バッテリー駆動時間の長さにこだわってつくられた働く人のためのモバイルPC「レッツノート」。その本質的な価値はレッツノートを取り巻く「人」が生み出しているのです。   『わたしとレッツノートの舞台裏』では、レッツノートをかたちづくる人たちの仕事にかける思いや、舞台裏の知られざるエピソードを紹介します! ​今回登場するのは、「新幹線でレッツノートを使っている人を見かけると、つい話しかけてしまう」というシステムエンジニアの川野正隆さんです。フィールドSEのやりがいと、

        • 今月のソウゾウ(仮)|2022年12月号

          みなさん、こんにちは。ソウゾウノート編集部です。いよいよ今年も残すところあと一か月となりました。2020年以降、イベントが中止になったり形態を変えたり、わかりやすく季節を感じる機会が極端に減っていた気がしますが少しずつ外に出る機会も増え数年分の年末を感じている編集部です。 さて、この年末にパナソニックではこのようなキャンペーンを行っています。 この一年をふりかえりながら感じたシアワセや守りたいものをソウゾウし、ぜひご参加ください! ▼公式のテーマソングは従業員シンガーが

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 一人ひとりの物語に、一人ひとりのパナソニック
          パナソニック_ソウゾウノート
        • 【内定者編集部】#こうして今パナソニックにいる
          パナソニック_ソウゾウノート
        • 僕らの時代
          パナソニック_ソウゾウノート
        • 未来をつくる技術の現場から
          パナソニック_ソウゾウノート
        • Join2025
          パナソニック_ソウゾウノート
        • Story of Future Craft
          パナソニック_ソウゾウノート

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          【内定者編集部】数字を分析し、経営を裏から支えるサポーター〜経理・上田さん〜

          パナソニックグループ内定者である私と森山さんによるnoteマガジン「【内定者編集部】#こうして今パナソニックにいる」7人目のインタビューです。 パナソニックグループで働く方へのインタビューを通して、私と同じ学生の皆さんに仕事や社会人の方を身近に感じていただくきっかけ作りができれば嬉しいです。 毎週水曜日に発信していきますので、是非、お楽しみください。 さて、今回はパナソニック インダストリー株式会社で経理を担当されている上田 夏穂さん。学生の頃から陸上部や女子ラクロス部の

          グラウンドの狙った所だけを照らす!周囲に光を漏らさないLED照明〜光害対策投光器 開発チームインタビュー〜

          狭配光・高効率光学系による光害対策投光器 夜間のグラウンドや駐車場の屋外照明と聞くと、みなさんはどんなニーズを思い浮かべるでしょう。野球やテニスをする方ならば「まぶしすぎない、ちょうどいい光」、駐車場には「事故・事件を予防する明るさ」が必要ですが、もうひとつの要件は、近隣住民や農地に影響が及ぶ「光害(ひかりがい)」を抑えること。今回は特定方向に強い指向性を持つ新しいレンズを開発し、光害対策投光器の商品化を実現したパナソニック ホールディングス株式会社の4名の技術者に話を聞きま

          法務の仕事を通して、人や社会の役に立ちたい。

          「プロのサッカー選手になることが、夢でした」。そう語る伴寛之は、小3からサッカーを始め、中学は全国ベスト8、高校は全国ベスト4に入る強豪校に進学。来る日も来る日も練習に打ち込んだ。しかし、高3の秋に迎えた全国高校サッカー選手権大会で、チームは予選敗退。その試合、彼は一度もピッチに立つことなく試合終了のホイッスルを聞いた。「結局レギュラーにはなれず、人生ではじめて挫折というものを経験しました。でも、目標を持ち努力し続けることが成長やたのしさにつながること、どんな時でもチームのた

          中川ホフマン愛さん「社会と向き合う、自分と向き合う。」|僕らの時代 Vol.11

          自分らしい価値観をたいせつに、志をもって活躍している人とコラボレーションしていく「僕らの時代」。第11回目のゲストは、「メンタルヘルス×社会問題」をテーマに発信するblossom the projectの代表・中川ホフマン愛さんです。 松下幸之助が未来を担う若者へのこしたメッセージに、今を生きる私たちはなんとこたえることができるでしょう。 さまざまな社会課題について発信し若い世代と問いを共有し続ける愛さん。活動のなかで改めて大切に感じた、ある考えについてつづってくれました

          【内定者編集部】パナソニックは風土をつくる会社〜広告クリエイティブ・秋庭さん〜 

          noteマガジン「【内定者編集部】#こうして今パナソニックにいる」4人目のインタビューです。  このマガジンでは、パナソニックグループで働く方へのインタビューを通して、仕事や社会人の方を身近に感じていただくきっかけ作りができれば良いなと思っています。     さて、今回はパナソニック株式会社 くらしアプライアンス社で広告クリエイティブを担う秋庭 陽子さんにお話を伺いました。  調理と美容カテゴリーのデザインを担当されており、発達障がいの特性をもつ秋庭さん。幼少期や学生

          軽いけど強い素材が、地球と会社を救う?!〜「高濃度セルロースファイバー成形材料」開発にかけた若き技術者たちの思い〜

          プラスチック使用量の削減が世界的に求められているなか、実用化が期待されている「高濃度セルロースファイバー成形材料」。天然資源の効率的な利用や海洋汚染の防止など、SDGs達成に貢献する素材として注目されています。夢の新素材誕生まで、どのようなあゆみがあったのでしょうか?あくなき理想に向かって挑戦を続ける若き技術者たちの物語をご紹介します。 About:「高濃度セルロースファイバー成形材料」って?木材を原料とした天然の木質繊維「セルロースファイバー」。この「セルロースファイバー

          子育てしながらキャリアを積み重ね、自分も成長したい。

          「狭い視野を広げること、それがテーマでした」。マーケティングに携わる森本なずなは、学生時代を振り返った。生まれ育ったのは北陸の小さな町。周りはみな顔見知りで、優しいけど内向的。縛られているような窮屈さを感じていたという。「とにかく広い世界を見たい、知りたいと思い、関西にある大学の国際文化学部に進みました」。 キャンパスのある街は都会なのに海も山もあり、明るく開放的。留学生も大勢学びに来ている。学部の方針は文化や言語を学び、グローバル社会で活躍するためのコミュニケーションスキ

          【内定者編集部】熱い想いをきちんと伝える大切さ〜研究開発・磯邉さん〜

          パナソニックグループ内定者である私と森山さんによるnoteマガジン「【内定者編集部】#こうして今パナソニックにいる」5人目のインタビューです。 パナソニックグループで働く方へのインタビューを通して、私と同じ学生の皆さんに仕事や社会人の方を身近に感じていただくきっかけ作りができれば嬉しいです。 毎週水曜日に発信していきますので、是非、お楽しみください。 さて、今回はパナソニック コネクト株式会社で研究開発を担当されている磯邉 柚香さん。大学でロボットの世界に出会い、その魅力に惹

          IoTデータが高齢者のセルフケア能力を引き出す〜デジタル・ケアマネジメント・サービスの開発〜

          「すべての人に健康と福祉を」。SDGsの3番目に掲げられているこの目標は、途上国だけのものではありません。超高齢社会の日本においては、高齢者の健康寿命(介護を受けたり寝たきりになったりせず日常生活を送れる期間)を延ばしていくことが求められています。IoTとデータ分析によって高齢者の健康寿命を延ばす...そんなサービスの開発に取り組んでいるスマートエイジングプロジェクトの担当者にインタビューしました。 超高齢社会を生きるわたしたちが直面する課題ー在宅介護の現状と課題について教

          IoTに欠かせない組み込み技術で、会社へ社会へ貢献したい。

          「東日本大震災で広いエリアに起きた停電。それが大学で電気工学を専攻したきっかけでした」。自然の脅威が引き起こした停電の被害は、約800万世帯(厚生労働省HPより)。受験勉強に取り組んでいた関直人は、未曾有の被害に衝撃を受け、電気などライフラインが寸断された生活が続く被災地の様子を報道で見聞きし、心を痛めていた。 「電源のシステムってこんなに脆いものなのか?揺るぎないしくみができないだろうか...」。まだ物心つかない頃、関は神戸で阪神淡路大震災に被災している。家は半壊。両親か

          【内定者編集部】挑戦と模索の日々が今をつくる〜設計開発・木田さん〜 

          noteマガジン「【内定者編集部】#こうして今パナソニックにいる」4人目のインタビューです。  このマガジンでは、パナソニックグループで働く方へのインタビューを通して、仕事や社会人の方を身近に感じていただくきっかけ作りができれば良いなと思っています。   さて、今回はパナソニック株式会社 空質空調社で設計開発部門の責任者を担う木田 聡さんにお話を伺いました。  2013年に課長、2020年に部長となり、現在入社21年目。そんな木田さんの学生時代や入社後のキャリア、仕事

          「留学生の友人と学食でランチを食べたい!」身近な問題から未来を変える

          2022年7月、3年後に万博が開催される大阪で、国内の高校生・大学生18チームに加え海外からもベトナム、ブルネイ、マレーシア、カンボジアの学生が集まり、未来の地球を守る提案を行う「学生サミット未来の地球会議」が開かれました。このサミットは、日本経済新聞社大阪本社が主催する日経 STEAMプロジェクトの一環で、産学で取り組む「日経STEAMシンポジウム」のメインイベント。学生メンバーはプレゼンテーションに先駆け、5月から3回にわたる事前ワークショップにも参加し、互いの提案につい