パナソニック_ソウゾウノート

一人ひとりが、いま以上の「いま」をソウゾウしてゆくために。パナソニックの公式note「ソウゾウノート」は、<あしたのソウゾウが響き合う>をコンセプトに、毎日の営みのなかでこれからの道をソウゾウしていく場所です。みなさんがソウゾウしたことも教えてくださいね。

パナソニック_ソウゾウノート

一人ひとりが、いま以上の「いま」をソウゾウしてゆくために。パナソニックの公式note「ソウゾウノート」は、<あしたのソウゾウが響き合う>をコンセプトに、毎日の営みのなかでこれからの道をソウゾウしていく場所です。みなさんがソウゾウしたことも教えてくださいね。

マガジン

  • 【内定者編集部】#こうして今パナソニックにいる

    はたらくってなんだろう、自分って何者だろう、自分にできることってなんだろう。まずは知るところから始めてみよう。パナソニックグループの内定者から見た、パナソニックグループで働く人をお届けします。

  • 一人ひとりの物語に、一人ひとりのパナソニック

    パナソニックの人は、一人ひとりが志とそれぞれの夢を持っています。そしてそのすべては「物も心も豊かな理想の社会」の実現のためにあります。そんなパナソニックで働く一人ひとりの志や夢をお伝えします。2021年5月からは毎週日曜日に掲載していきます。おたのしみに。

  • 未来をつくる技術の現場から

    日々変化する世界の中で、「理想のくらし」をつくり続けるパナソニック。その現場ではたらく技術者たちにスポットライトをあて、商品開発のストーリーや、チームとしてプロジェクトにかける想いをお届けします。毎週月曜日に掲載していきます。おたのしみに!

  • Story of Future Craft

    人の想いを察し、場になじみ、時に順応していく 社会を見つめ、未来を丁寧に創りつづける パナソニックのデザインフィロソフィー Future Craft を紐解きます。

  • 【noteコンテスト】#私にとってはたらくとは

    2022年8月25日(木)~2022年9月7日(水)まで開催の投稿イベント「#私にとってはたらくとは」の投稿をご紹介するマガジンです。お手本クリエイターの記事やパナソニック社員の記事も掲載していきます。

リンク

最近の記事

固定された記事

パナソニックグループ・note・No Companyが働き方トレンドレポートを公開!

パナソニックグループ(以下、パナソニック)はnote、No Companyと共同で、トレンドレポート『「はたらく」のいまとこれから2022』を8月25日(木)に公開しました。本レポートは、2020年から3回にわたりパナソニックがnoteで開催したコンテストに投稿された40,000件以上の記事と、SNSでのメディア記事から見えた傾向を分析したものです。本レポートの分析・作成は、博報堂グループのNo Companyが担当しています。 ここ数年の社会情勢によって「働く」への価値観

スキ
61
    • 今月のソウゾウ(仮)|2022年10月号

      みなさん、こんにちは。ソウゾウノート編集部です。 先月は連休中に多くの台風が発生し停電や断水が発生した地域もありました。編集部の実家地域も被害が多く、あらめて日ごろの備えの重要性を痛感したしだいです。 パナソニックでは「毎日が、備える日」というスローガンのもと、備えのための情報を発信しています。 停電や断水など、もしものときの備えを今一度みなおしていきましょう! (編集部も自宅の非常食の棚卸をしました!) 今月のパナソニック◆10/29 ARIAKEハロウィンマーチ20

      スキ
      16
      • 高騒音下でも円滑なコミュニケーション。〜業務用骨伝導ヘッドセット〜

        「話す」「聞く」の双方に骨伝導を利用した業務用ヘッドセット。多くの作業現場で使われているトランシーバーやスマートフォンに接続して利用できます。これまで、耳栓を着用しなければならない高騒音の職場では、近寄って耳元で叫んだり、ジェスチャーを使ったりのコミュニケーションが常でした。両耳をふさがずに使用でき、「周囲の音を聞きながらチームで通話をすることで、作業性が向上した」と、作業環境を大きく変えました。 クリアな音声、高まった装着性。骨伝導と聞けば「音質が悪いのでは?」と疑うのは

        スキ
        18
        • AIやIoTを駆使し、工場の全自動化モデルをつくりたい。

          「コウモリは、自ら超音波を放射し物体の反響音を聴取することで、衝突することなく飛行することは知られています。では、多数のコウモリが飛行する際、他の個体の音声と入り混じりますが、どのように自身の音声と聞き分けて、衝突せずに飛行するのか...」。間井谷洋祐は、学生時代の研究テーマ、「コウモリの混信回避メカニズム」について、嬉しそうに解説してくれた。 彼は、大学4年から大学院を卒業するまでの3年間、この研究に没頭して取り組んでいた。しかし、就職活動では、この研究とは全く関係のない

          スキ
          15

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 【内定者編集部】#こうして今パナソニックにいる
          パナソニック_ソウゾウノート
        • 一人ひとりの物語に、一人ひとりのパナソニック
          パナソニック_ソウゾウノート
        • 未来をつくる技術の現場から
          パナソニック_ソウゾウノート
        • Story of Future Craft
          パナソニック_ソウゾウノート
        • 【noteコンテスト】#私にとってはたらくとは
          パナソニック_ソウゾウノート
        • Join2025
          パナソニック_ソウゾウノート

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          毎日向き合うたび、開けるたびに心が弾む!服を着替えるようにドアにも自分らしさを。〜ベリティス クラフトレーベル〜

          SNSで話題のベリティスクラフトレーベル。ファッション感覚で、ドアを自分好みに"着替えられる"新レーベルです。デザインや色、ハンドルの金具、ガラスなどのバリエーション豊富で、いずれも著名デザイナーが監修。その豊富なラインアップから、自分だけの1枚、自分だけの部屋が生まれます。さらに、塗れる・飾れるドアの機能性もプラスしています。 選べる、映える、上がるドアーさり気ないデザインにうっとり、「#ドアはファッション」で思い通り。 リフォームの検討ではまず女性の関心が高いキッチン

          スキ
          32

          仲間とワイワイやりながら、モノづくりの現場を進化させたい。

          将来の夢はプロ野球選手。小学校の卒業アルバムにそう書いた。でも、自分よりうまい人を知るたびにいつの間にか忘れてしまった。そして気付くと、自分が何になりたいのかよく分からなくなっていた。とりあえず大学は、将来の選択肢が広そうな機械工学科を選んだ。金属加工の研究をしていたため、開発者の道も考えた。突然思い立って、アナウンサーの学校に行ってみたりもした。しかし何か違うように感じた。自分自身について何度も考えた。そして、そろそろ進路を決めないといけない時期になった頃、ふと思い出したの

          スキ
          37

          デザイン思考で描く「未来の校章」~KAIKEN PROJECT ① 最終報告会リポート~

          高校生がパナソニックのデザイナーとつくり上げる、自分たちの理想の学校像と新しい校章――。 2023(令和5)年4月、現在の京都市立塔南高等学校(以下、塔南高校)は、京都市立開建高等学校(以下、開建高校)へと生まれ変わります。新しい学校への希望を込めた校章のデザインを形にするために、現役の高校生とパナソニックのデザイナーが一緒に取り組んだ「KAIKEN PROJECT」。デザインマガジン「Story of Future Craft」では、3カ月半に及んで行われたこのプロジェク

          スキ
          97

          お隣さんやご近所さん、身近なコミュニティの共助をIoTで取り戻したい。

          「『なぜ?なぜ?』いつも問いかけばかりしていた子どもでした。小学校では教科書で納得できなければ先生を質問攻め。『なぜ?』と思ったことは突き詰めないと気がすまないんです」。理由と答えをセットで探ることが大好き。それが高じて「物理」の道に進んだという。IoTに対応した宅配ボックスなど、住宅領域でIoT事業開発を推進する白井健雄は、そう自己分析した。「物理は原理・原則に基づいていて仕事に通じるものがあります。課題は何か。何が答えか」。お客さまと一緒に探り、解決をめざすのが仕事の流儀

          スキ
          37

          「#私にとってはたらくとは」投稿作品ご紹介

          こんにちは。パナソニックnote編集部です。 8月25日から始まった投稿企画「#私にとってはたらくとは 」。締切までラスト1日となりました。自分にとってのはたらく意義や目的、また自分らしくあるためのはたらき方や、だれかの仕事を見て感じたことなど既に様々な #私にとってはたらくとは を共有いただいています! 今回は、パナソニックグループ社員の「#私にとってはたらくとは」投稿作品をご紹介します。 私にとってはたらくとは “その時の自分が大事にしていることが、反映されるもの”

          スキ
          55

          パナソニック社員の#私にとってはたらくとは ~第4弾~

          こんにちは。パナソニックnote編集部です。 8月25日から始まった投稿企画「#私にとってはたらくとは」。締切まで残すところあと2日となりました。自分にとってのはたらく意義や目的、また自分らしくあるためのはたらき方や、だれかの仕事を見て感じたことなど既に様々な #私にとってはたらくとは を共有いただいています! パナソニックグループ社員から自由募集した「#私にとってはたらくとは~第4弾~」をご紹介します。 自己の成長 自己成長 自分と自分の人生をイキイキさせるものの

          スキ
          64

          パナソニック社員の#私にとってはたらくとは~第3弾~

          こんにちは。パナソニックnote編集部です。 8月25日から始まった投稿企画「#私にとってはたらくとは 」。締切まで残すところあと2日となりました。自分にとってのはたらく意義や目的、また自分らしくあるためのはたらき方や、だれかの仕事を見て感じたことなど既に様々な #私にとってはたらくとは を共有いただいています! 今回は、パナソニックグループ社員から自由募集した「#私にとってはたらくとは~第3弾~」をご紹介します。 自己表現と自己実現 人の可能性を開くこと ありたい

          スキ
          45

          今月のソウゾウ(仮)|2022年9月号

          みなさん、こんにちは。ソウゾウノート編集部です。 少しずつ涼しい風を感じる季節になってきました。夏もそろそろおわりですね。 ソウゾウノートでは、9月7日までnoteさん、Voicyさんとこんな企画を実施中です! また以前実施した「はたらく」をテーマにしたnoteコンテストの分析結果もご紹介しております。 季節の変化に伴い、気持ちも新たに何か新しいことに挑戦しようとしているみなさん。いっしょに「はたらく」ということについてソウゾウをめぐらせてみませんか? 今月のパナソニ

          スキ
          29

          パナソニック社員の#私にとってはたらくとは ~第2弾~

          こんにちは。パナソニックnote編集部です。 8月25日から始まった投稿企画「#私にとってはたらくとは」。締切まで残すところあと10日となりました。自分にとってのはたらく意義や目的、また自分らしくあるためのはたらき方や、だれかの仕事を見て感じたことなど既に様々な #私にとってはたらくとは を共有いただいています! 今回は、パナソニックグループ社員から自由募集した「#私にとってはたらくとは~第2弾~」をご紹介します。 母親という代名詞ではなく、個人として活躍でき成長し続け

          スキ
          46

          パナソニック社員の#私にとってはたらくとは~第1弾~

          こんにちは。パナソニックnote編集部です。 8月25日から始まった投稿企画「#私にとってはたらくとは」。締切まで残すところあと9日となりました。自分にとってのはたらく意義や目的、また自分らしくあるためのはたらき方や、だれかの仕事を見て感じたことなど既に様々な #私にとってはたらくとは を共有いただいています! 今回は、パナソニックグループ社員から自由募集した「#私にとってはたらくとは」をご紹介します。 自己成長 究極的に言えば、「趣味」 やりがいはジブンでつくる

          スキ
          60

          “子どもごころ”を解き放つ。誰かの原体験になるパビリオンを目指して ~ユースプレスが聞きました!

          ▼イベントのレポートはこちら 終了後、永山祐子さんに対しユースプレスのみなさんによる取材会が行われました。 取材にあたり事前に永山さんの作品を調べてきたユースプレスの記者たち。 早速こんな質問が飛び交います。 ユース: 「清春芸術村」で展示された永山さんの作品をインターネットで拝見しました。私自身も自然に近いところに住んでいて、暇があれば川に行き大きな石に寝そべっているのですが、そういった自然のなかで私が見ている光景が、その芸術村でも体験できるということに感動しました。

          スキ
          49
        • パナソニック × note × Voicyで、投稿企画「#私にとってはたらくとは」を開催します!

          パナソニック、note、Voicyで、「#私にとってはたらくとは」をテーマに、投稿企画を開催します。 近年のさまざまなライフスタイルの変化にともない、「はたらく」ことについての考えが少しずつ変わってきた、というひとも多いのではないでしょうか。仕事の内容だけでなく、はたらきかたやはたらく場所、人生にとっての「はたらく」ことの意味を考えたというひともいるかもしれません。 自分らしくあるための仕事、そして「はたらくこと」について、今だからこそ伝えたい考えや、その思いにいたったエピ

          スキ
          436