マガジンのカバー画像

Passion

8
「Passion」では、パナソニック社員やプロジェクトに携わる社外の方々にお話しを伺い、それぞれが秘めた情熱の源泉を探っていきます。
運営しているクリエイター

「理想のくらし」に答えはないから、みんなで考える場をつくりたい|PASSION …

 何かを成し遂げるのに必要なのは、知識や経験以上に「それを実現したい」という情熱である。…

当たり前を捨てて、ひらめきを引き出す。AkeruEのデザイン発想|PASSION…

何かを成し遂げるのに必要なのは、知識や経験以上に「それを実現したい」という情熱である。 …

「知る」ことでつながり広がる世界を見ていたい|PASSION Vol.3

何かを成し遂げるのに必要なのは、知識や経験以上に「それを実現したい」という情熱である。 …

何のために、誰とやる? AkeruEに込めた自分の原点|PASSION Vol.…

何かを成し遂げるのに必要なのは、知識や経験以上に「それを実現したい」という情熱である。 …

ワクワクが未来をつくる! 私がAkeruEをつくりたかったワケ| PASSION…

何かを成し遂げるのに必要なのは、知識や経験以上に「それを実現したい」という情熱である。 …

最小単位の情熱が社会の豊かさを最大化する パノラマティクス・齋藤精一

パナソニックの製品を支えてきた開発者たちやプロジェクトに関わってきた社外の人たちの情熱を…

”美感遊創”の、本物をつくる/RAMSA開発者 大町亮一

「仕事をする、経営をするときに何がいちばん大事かと言えば、その仕事を進める人、その経営者の熱意やね。あふれるような情熱、熱意。そういうものを、まずその人が持っておるかどうかということや。熱意があれば知恵が生まれてくる」  この松下幸之助が語った仕事への価値観は、今日もパナソニックの指針となっています。今後数回にわたってお届けする新企画「Passion」は、社員はもちろんプロジェクトに携わる社外の方々にもお話しを伺い、それぞれが秘めた情熱の源泉を探っていきます。 今回話を伺

スキ
143

価値観を嗅ぎ分け、自らの哲学で説得する/テクニクス 井谷哲也

何かを成し遂げるのに必要なのは、知識や経験以上に「それを実現したい」という情熱である――…