マガジンのカバー画像

僕らの時代

9
noteマガジン『僕らの時代』は、様々なフィールドでソウゾウリョクを発揮し、挑戦を続けている方々とコラボレーションしていく連載企画です。
運営しているクリエイター

記事一覧

菊池雄星さん「夢が人生を決める」|僕らの時代 Vol.8

自分らしい価値観をたいせつに、志をもって活躍している人とコラボレーションしていく「僕らの…

キニマンス塚本ニキさん「つながりたかった、だから離れた(それでもつながっている)…

自分らしい価値観をたいせつに、志をもって活躍している人とコラボレーションしていく「僕らの…

藤原麻里菜さん「無駄なものの居場所」|僕らの時代 Vol.6

自分らしい価値観をたいせつに、志をもって活躍している人とコラボレーションしていく「僕らの…

香山哲さん「次のレンガを置く方法について」|僕らの時代 Vol.5

自分らしい価値観をたいせつに、志をもって活躍している人とコラボレーションしていく「僕らの…

大澤正彦さん「むちゅう」|僕らの時代 Vol. 4

自分らしい価値観をたいせつに、志をもって活躍している人とコラボレーションしていく「僕らの…

小谷実由さん「追われている、走っている」|僕らの時代 Vol.3

自分らしい価値観をたいせつに、志をもって活躍している人とコラボレーションしていく「僕らの…

阿部広太郎さん「僕と君。私とあなた。阿部広太郎と松下幸之助。」|僕らの時代 Vol.2

若き人びとよ。 つくりあげられた今までの世紀のなかで、あなたがたは育ってきたけれど、 こんどはあなたとあなたがたのこどものための世紀を、 みずからの手でつくりあげなければならない時がきているのである。 (出典:『続・道をひらく』PHP研究所)」 ここに引用したのは、松下幸之助が未来を担う若者へのこした問いかけです。本を通じて投げかけられたこのメッセージに、今を生きる私たちはなんとこたえることができるでしょう。 「僕らの時代」第2回目のゲストは、コピーライターの阿部広太郎さ

スキ
171

文学YouTuberベルさん「しあわせのクリームパン」|僕らの時代 Vol.1

若き人びとよ。 つくりあげられた今までの世紀のなかで、あなたがたは育ってきたけれど、 こん…

新連載「僕らの時代」、はじまります。

パナソニック「ソウゾウノート」編集部です。 「ソウゾウノート」は、互いのソウゾウを響かせ…