マガジンのカバー画像

【noteコンテスト】#あの失敗があったから

25
2021年5月24日(月)~2021年6月27日(日)まで開催の投稿コンテスト「#あの失敗があったから」についての投稿をご紹介するマガジンです。お手本クリエイターの方の記事やパナ… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

Panasonic×noteで、投稿コンテスト「#あの失敗があったから」を開催します!

【8月2日更新】 審査結果を発表しました!以下の記事リンクからぜひご覧ください。 Panasonic…

note公式
3年前
902

Panasonicとnoteで開催した、「#あの失敗があったから」投稿コンテストの審査結果を発…

2021年5月24日から約1ヶ月の間、いまの自分につながる「失敗」について語る「#あの失敗があっ…

note公式
2年前
381

#あの失敗があったから~投稿作品ご紹介01~

こんにちは。パナソニックnote編集部です。 5月24日から始まった投稿コンテスト「#あの失敗が…

#あの失敗があったから~投稿作品ご紹介02~

こんにちは。パナソニックnote編集部です。 5月24日から始まった投稿コンテスト「#あの失敗が…

#あの失敗があったから~投稿作品ご紹介03~

こんにちは。パナソニックnote編集部です。 5月24日から始まった投稿コンテスト「#あの失敗が…

#あの失敗があったから~投稿作品ご紹介04~

こんにちは。パナソニックnote編集部です。 5月24日から始まった投稿コンテスト「#あの失敗が…

劣等感が怖くて、勝負から逃げ続けてしまうあなたへ

囲碁や将棋の勝負では「棋譜の奉納」が行われることがある。 勝者と敗者が共に作り上げた真剣勝負の軌跡を、神聖なものとして神に奉じるのだ。 僕はいままで、勝負では「勝つ」ことが最高の価値だと思っていた。だから勝者のみが讃えられるのを当たり前の光景として受け入れてきた。 しかしこの「棋譜の奉納」という所作の存在を知り、「勝負」というものに対する考え方が大きく揺らいだ。 神に奉じられるのは、勝者ではなく棋譜なのである。 * 僕はこれまで、勝負というものをことごとく避けて生

余裕がない日もあなたの音になりたい

初めて会ったのは夏の日。彼女はカラフルな絞り染めのTシャツにデニムのショートパンツという…

suzuco
3年前
266

親の心子知らず、は永遠で。

#あの失敗があったから 父の日。というのは、分かっていた。 SNSを何気なく見ていても、街中…

OKIRI
3年前
142

アナウンサーには、なれなかったよ/僕の就活トラウマについて

<1>「そう!それだよ!」 トントン、と右手でノック。 「失礼します!」といいながら、僕は…

愛をこめて花束を

誰かに贈り物をするのが好きだ。 記念日に、お祝いに、久しぶりに会う友人に。 何が良いだろう…

191

多分一生忘れない12年前就活でお祈りされて悔しくて泣いた話。

SNSで話題の広告を見て、やっぱりサイボウズという会社が好きだなぁと感じてふと書きたくなっ…

いつか『本当に』結婚出来る日まで

ついつい「新郎新婦」って呼びそうになる。もう口癖になってんだろうな。気をつけなきゃ。 本…

1,832

28歳、弱かった僕。クビにしたんだ。親子ほど年の離れた、65歳の従業員を。

#あの失敗があったから 「ゴルフはいいですよ、自分の成長が感じられる」 Yさんは本当にゴルフが大好きだった。長年営業マンとして務めた商社時代に、死ぬほどゴルフをしたのだという。 65歳とは思えないくらい背筋がピーンとはり、スタイルもバッチリ。 だるんだるんの僕よりよっぽど体力もある。 「インパクトの時にボールを見すぎない、前を見て抜くようにーーー」 ゴルフに限らず運動が苦手な僕は、Yさんの指示にしたがって、30cmくらいの練習用ゴルフクラブを不格好にブンブン振る。