パナソニック_ソウゾウノート

一人ひとりが、いま以上の「いま」をソウゾウしてゆくために。パナソニックの公式note「ソウゾウノート」は、<あしたのソウゾウが響き合う>をコンセプトに、毎日の営みのなかでこれからの道をソウゾウしていく場所です。みなさんがソウゾウしたことも教えてくださいね。
+5

「スポーツがくれなかったもの」──LGBTQを遠ざけてきたスポーツのこれまで

4月30日現在、「#スポーツがくれたもの」には、1,930件もの投稿が寄せられました(ありがとうございます!!!)。投稿されたみなさんの「スポーツとの関わり」を見ていく…

人としての魅力を加えて、パナソニックを FAの「超一流ブランド」にしたい。

「人と接することが、本当に苦手でした」。よく通る声で、よどみなく語る犬山大志郎の仕事は、技術営業。話しぶりから想像するのは難しいが、小学校の頃は恥ずかしがり屋で…

世界中のクルマに影響を与える、 車載製品を開発したい。

子どもの頃は、学校から帰ると家でゲームをして遊んでいた。大きくなったら、「ゲームをつくる人になりたい」と思っていた。その夢は、高校生になった頃、「クルマをつくる…

+5

ひとりではたどり着けない場所がある──パナソニック女子陸上競技部・森田香織を支えるもの

イギリスの小説家アラン・シリトーは、1959年に執筆した『長距離走者の孤独』で、森の中を走るクロスカントリーランナーの少年コリン・スミスに、次のように語らせます。 …

肌分子を見える化して、 不調の予兆を早期に見つけたい。

子どもの頃からアレルギーで悩まされていた。「犬や猫、ハウスダスト...目に見えないもので自分のくらしが左右されるのが嫌だった。制限されるのが悲しかった」。それが、…

グローバルに、クリエイティブに、 生産管理の道を究めたい。

「グローバルなスタンスで仕事がしたい」。就職活動にあたって、一瀬直人は進む道の指針をそう定めていた。候補は50社以上。商社を中心に考えていたが、企業研究を重ねるう…