パナソニック_ソウゾウノート

一人ひとりが、いま以上の「いま」をソウゾウしてゆくために。パナソニックの公式note「ソウゾウノート」は、<あしたのソウゾウが響き合う>をコンセプトに、毎日の営みのなかでこれからの道をソウゾウしていく場所です。みなさんがソウゾウしたことも教えてくださいね。

パナソニック_ソウゾウノート

一人ひとりが、いま以上の「いま」をソウゾウしてゆくために。パナソニックの公式note「ソウゾウノート」は、<あしたのソウゾウが響き合う>をコンセプトに、毎日の営みのなかでこれからの道をソウゾウしていく場所です。みなさんがソウゾウしたことも教えてくださいね。

マガジン

  • 一人ひとりの物語に、一人ひとりのパナソニック

    パナソニックの人は、一人ひとりが志とそれぞれの夢を持っています。そしてそのすべては「物も心も豊かな理想の社会」の実現のためにあります。そんなパナソニックで働く一人ひとりの志や夢をお伝えします。2021年5月からは毎週日曜日に掲載していきます。おたのしみに。

  • 【内定者編集部】#こうして今パナソニックにいる

    はたらくってなんだろう、自分って何者だろう、自分にできることってなんだろう。まずは知るところから始めてみよう。パナソニックグループの内定者から見た、パナソニックグループで働く人をお届けします。

  • 僕らの時代

    noteマガジン『僕らの時代』は、様々なフィールドでソウゾウリョクを発揮し、挑戦を続けている方々とコラボレーションしていく連載企画です。

  • 未来をつくる技術の現場から

    日々変化する世界の中で、「理想のくらし」をつくり続けるパナソニック。その現場ではたらく技術者たちにスポットライトをあて、商品開発のストーリーや、チームとしてプロジェクトにかける想いをお届けします。毎週月曜日に掲載していきます。おたのしみに!

  • Join2025

    大阪・関西万博に向けたパナソニックの想いや情報を発信していきます。

リンク

記事一覧

毎日向き合うたび、開けるたびに心が弾む!服を着替えるようにドアにも自分らしさを。〜ベリティス クラフトレーベル〜

SNSで話題のベリティスクラフトレーベル。ファッション感覚で、ドアを自分好みに"着替えられる"新レーベルです。デザインや色、ハンドルの金具、ガラスなどのバリエーショ…

仲間とワイワイやりながら、モノづくりの現場を進化させたい。

将来の夢はプロ野球選手。小学校の卒業アルバムにそう書いた。でも、自分よりうまい人を知るたびにいつの間にか忘れてしまった。そして気付くと、自分が何になりたいのかよ…

デザイン思考で描く「未来の校章」~KAIKEN PROJECT ① 最終報告会リポート~

高校生がパナソニックのデザイナーとつくり上げる、自分たちの理想の学校像と新しい校章――。 2023(令和5)年4月、現在の京都市立塔南高等学校(以下、塔南高校)は、京…

お隣さんやご近所さん、身近なコミュニティの共助をIoTで取り戻したい。

「『なぜ?なぜ?』いつも問いかけばかりしていた子どもでした。小学校では教科書で納得できなければ先生を質問攻め。『なぜ?』と思ったことは突き詰めないと気がすまない…

「#私にとってはたらくとは」投稿作品ご紹介

こんにちは。パナソニックnote編集部です。 8月25日から始まった投稿企画「#私にとってはたらくとは 」。締切までラスト1日となりました。自分にとってのはたらく意義や目…

パナソニック社員の#私にとってはたらくとは ~第4弾~

こんにちは。パナソニックnote編集部です。 8月25日から始まった投稿企画「#私にとってはたらくとは」。締切まで残すところあと2日となりました。自分にとってのはたらく…

毎日向き合うたび、開けるたびに心が弾む!服を着替えるようにドアにも自分らしさを。〜ベリティス クラフトレーベル〜

毎日向き合うたび、開けるたびに心が弾む!服を着替えるようにドアにも自分らしさを。〜ベリティス クラフトレーベル〜

SNSで話題のベリティスクラフトレーベル。ファッション感覚で、ドアを自分好みに"着替えられる"新レーベルです。デザインや色、ハンドルの金具、ガラスなどのバリエーション豊富で、いずれも著名デザイナーが監修。その豊富なラインアップから、自分だけの1枚、自分だけの部屋が生まれます。さらに、塗れる・飾れるドアの機能性もプラスしています。

選べる、映える、上がるドアーさり気ないデザインにうっとり、「#ドア

もっとみる
仲間とワイワイやりながら、モノづくりの現場を進化させたい。

仲間とワイワイやりながら、モノづくりの現場を進化させたい。

将来の夢はプロ野球選手。小学校の卒業アルバムにそう書いた。でも、自分よりうまい人を知るたびにいつの間にか忘れてしまった。そして気付くと、自分が何になりたいのかよく分からなくなっていた。とりあえず大学は、将来の選択肢が広そうな機械工学科を選んだ。金属加工の研究をしていたため、開発者の道も考えた。突然思い立って、アナウンサーの学校に行ってみたりもした。しかし何か違うように感じた。自分自身について何度も

もっとみる
デザイン思考で描く「未来の校章」~KAIKEN PROJECT ① 最終報告会リポート~

デザイン思考で描く「未来の校章」~KAIKEN PROJECT ① 最終報告会リポート~

高校生がパナソニックのデザイナーとつくり上げる、自分たちの理想の学校像と新しい校章――。

2023(令和5)年4月、現在の京都市立塔南高等学校(以下、塔南高校)は、京都市立開建高等学校(以下、開建高校)へと生まれ変わります。新しい学校への希望を込めた校章のデザインを形にするために、現役の高校生とパナソニックのデザイナーが一緒に取り組んだ「KAIKEN PROJECT」。デザインマガジン「Stor

もっとみる
お隣さんやご近所さん、身近なコミュニティの共助をIoTで取り戻したい。

お隣さんやご近所さん、身近なコミュニティの共助をIoTで取り戻したい。

「『なぜ?なぜ?』いつも問いかけばかりしていた子どもでした。小学校では教科書で納得できなければ先生を質問攻め。『なぜ?』と思ったことは突き詰めないと気がすまないんです」。理由と答えをセットで探ることが大好き。それが高じて「物理」の道に進んだという。IoTに対応した宅配ボックスなど、住宅領域でIoT事業開発を推進する白井健雄は、そう自己分析した。「物理は原理・原則に基づいていて仕事に通じるものがあり

もっとみる
「#私にとってはたらくとは」投稿作品ご紹介

「#私にとってはたらくとは」投稿作品ご紹介

こんにちは。パナソニックnote編集部です。

8月25日から始まった投稿企画「#私にとってはたらくとは 」。締切までラスト1日となりました。自分にとってのはたらく意義や目的、また自分らしくあるためのはたらき方や、だれかの仕事を見て感じたことなど既に様々な #私にとってはたらくとは を共有いただいています!

今回は、パナソニックグループ社員の「#私にとってはたらくとは」投稿作品をご紹介します。

もっとみる
パナソニック社員の#私にとってはたらくとは ~第4弾~

パナソニック社員の#私にとってはたらくとは ~第4弾~

こんにちは。パナソニックnote編集部です。

8月25日から始まった投稿企画「#私にとってはたらくとは」。締切まで残すところあと2日となりました。自分にとってのはたらく意義や目的、また自分らしくあるためのはたらき方や、だれかの仕事を見て感じたことなど既に様々な #私にとってはたらくとは を共有いただいています!

パナソニックグループ社員から自由募集した「#私にとってはたらくとは~第4弾~」をご

もっとみる