見出し画像

パナソニック社員の#私にとってはたらくとは ~第4弾~

パナソニック_ソウゾウノート

こんにちは。パナソニックnote編集部です。

8月25日から始まった投稿企画「#私にとってはたらくとは 」。締切まで残すところあと2日となりました。自分にとってのはたらく意義や目的、また自分らしくあるためのはたらき方や、だれかの仕事を見て感じたことなど既に様々な #私にとってはたらくとは を共有いただいています!

パナソニックグループ社員から自由募集した「#私にとってはたらくとは~第4弾~」をご紹介します。


自己の成長

年齢と共に「はたらく」の価値や意味、思いが違っていきます。
独身の時、子どもが生まれた時、離婚した時、子どもが大学生になった時など・・・年々、違ってくるので私はそれぞれ変わる毎に自分と同様、はたらくことも成長していると思っています。

はたらくことはお金をいただくことですが、そのベースには勿論、自己研鑽があり、成長と共にはたらくことの意味が違ってくるからです。自己が成長していくからこそ、楽しいのだと思います。

ーパナソニック オートモーティブシステムズ㈱ 鯖戸


自己成長

学校で教わった事の確認が行え、自分が「どれだけの実力なのか?」が分かります。ベースとしては教育(学校)は大事ですが、会社に入ってからの学びの方が膨大に多く、失敗も成功体験も沢山できます。これで終わりという事が無く、常に発展途上状態であり、日々の成長なくしては進めない。人生そのものだと思います。人生の大半は仕事をしている時間が殆どになるので「どれだけ充実した時間を過ごせるか?」になってくると思います。

ーパナソニック インダストリー㈱ 青柳


自分と自分の人生をイキイキさせるものの一つ

プライベート(暮らしの営みや、趣味・遊び)も、もちろん楽しく人生を輝かせていると感じています。
でも働く中で感ることのできる ”自分の能力や個性を活かして、役に立てている!成果が出ている!という感覚”, ”仲間と一緒に事を成し遂げる感覚”も とても魅力的で、横並びでは比較できない。また違った種類の人生のキラキラした部分になっていると思っています。

学生の頃の部活動などとは、責任感も悩みの量も拡大しますが、注ぎ込める情熱も大きくなったように感じており、私にとって「はたらく」ということは、いわば「第二の青春のステージ」になっているのかもしれません。

ーパナソニック㈱ 中尾


私の人生の一部

入社してから長い間「はたらく」ことは、我慢して生活するための金を稼ぐ苦行だと思っていて、いかに仕事を最小化してプライベートを充実させるか?職場を遊び心でフランクな場にするか?ということに注力してきました。また25年間ハードウェア設計一筋だった結果、業務遂行能力があるだけで、業務自体に面白さは感じていませんでした。

ですが、
・自分にしか出来ない仕事が増え、製品の主力機能としてアピールされ、それがお客様から喜ばれる様になった。
・遊び心で自ら実践していた自主活動が、会社が大事だと推奨するDEI活動と合致し、業務として認められた。

この様な背景から、以前よく言われた、ワークとライフを分ける「ワークライフバランス」では無く、人生の構成要素としてあえて境界線を設けず柔軟、かつ統合的にとらえることで、双方の充実を求める働き方「ワークライフインテグレーション」という働き方が自然に出来ていて、毎日が充実していると感じているのです。なので「はたらく」ことは私の人生の一部です。

ーパナソニック コネクト㈱ 永田


生きるため。人脈作り。

仕事自体を楽しいと思う事はない。
ただ、仕事を通じてできた人脈は、生きる上で大変重要だと思う。

ーパナソニック インダストリー㈱ 原田


成長と感謝

この会社にいると色々な事を経験できます。
望む望まない関係なく、色々な事業に取り組んでいるので、元々担当するはずだった仕事以外にも。やったことがなくても、やってみますと言えばチャレンジでき、上司やできる方がサポートしてくれることで、できるようになっている自分を嬉しく思います。

またそうやって対応した事でお客様や関係者(スタッフとして働く時は社内の人がお客様になります)に「ありがとう」と言ってもらえたら、役に立てている事がとても嬉しいですし、それでお給料をいただけるなんて有難いことだと感謝の思いにいたります。

ーパナソニック オペレーショナルエクセレンス㈱ 岡村


人間を知るということ

職場という舞台をもとにして、自分という主人公と他者という共演者が織りなす「人生劇場」そのものだと思っています。よい人生劇場にするには、自分を知ること、他者を知ること、それにより新たな自分を知ることの循環そのものが大切だと思います。また、人間を知ることは、人にしかできないことだからです。

ーパナソニック㈱ 川西


家族の為

私自身、結婚し子供を持つことで「家族」のありがたさ・大事さを実感し、その家族の為「はたらいております」。その為、私にとって「はたらくこと」=家族ですが、その「家族」を取り除く環境(暮らし・社会・環境)も自分が「はたらくこと」でプラスに転換し貢献できれば、尚うれしいですし、「はたらく」意義を強く感じます。
今後も、家族と家族を取り巻く環境にも良い貢献ができるよう、一生懸命仕事にまい進したいと思います。

ーパナソニック㈱ 中矢


お客様の実現のために

パナソニック インダストリー㈱の製品、また自分が携わった設備で、お客様の仕事、やりたいこと、夢に一歩でも近づくために、頑張っていると考え仕事をしているから。

ーパナソニック インダストリー㈱ 馬田


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

そして社員のみなさま、様々な「#私にとってはたらくとは」を教えていただき、ありがとうございます!

過去の「パナソニック社員の#私にとってはたらくとは 」はこちら⇊


投稿企画「#私にとってはたらくとは」開催中!

自分らしくあるための仕事、そして「はたらくこと」について、今だからこそ伝えたい考えや、その思いにいたったエピソードを募集します。
みなさんの考える「はたらくこと」について、自由にご投稿ください。

投稿企画の詳細はこちら⇊


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
パナソニック_ソウゾウノート
一人ひとりが、いま以上の「いま」をソウゾウしてゆくために。パナソニックの公式note「ソウゾウノート」は、<あしたのソウゾウが響き合う>をコンセプトに、毎日の営みのなかでこれからの道をソウゾウしていく場所です。みなさんがソウゾウしたことも教えてくださいね。