パナソニック_ソウゾウノート

一人ひとりが、いま以上の「いま」をソウゾウしてゆくために。パナソニックの公式note「ソウゾウノート」は、<あしたのソウゾウが響き合う>をコンセプトに、毎日の営みのなかでこれからの道をソウゾウしていく場所です。みなさんがソウゾウしたことも教えてくださいね。

パナソニック_ソウゾウノート

一人ひとりが、いま以上の「いま」をソウゾウしてゆくために。パナソニックの公式note「ソウゾウノート」は、<あしたのソウゾウが響き合う>をコンセプトに、毎日の営みのなかでこれからの道をソウゾウしていく場所です。みなさんがソウゾウしたことも教えてくださいね。

マガジン

  • 一人ひとりの物語に、一人ひとりのパナソニック

    パナソニックの人は、一人ひとりが志とそれぞれの夢を持っています。そしてそのすべては「物も心も豊かな理想の社会」の実現のためにあります。そんなパナソニックで働く一人ひとりの志や夢をお伝えします。2021年5月からは毎週日曜日に掲載していきます。おたのしみに。

  • 【内定者編集部】#こうして今パナソニックにいる

    はたらくってなんだろう、自分って何者だろう、自分にできることってなんだろう。まずは知るところから始めてみよう。パナソニックグループの内定者から見た、パナソニックグループで働く人をお届けします。

  • 僕らの時代

    noteマガジン『僕らの時代』は、様々なフィールドでソウゾウリョクを発揮し、挑戦を続けている方々とコラボレーションしていく連載企画です。

  • 未来をつくる技術の現場から

    日々変化する世界の中で、「理想のくらし」をつくり続けるパナソニック。その現場ではたらく技術者たちにスポットライトをあて、商品開発のストーリーや、チームとしてプロジェクトにかける想いをお届けします。毎週月曜日に掲載していきます。おたのしみに!

  • Join2025

    大阪・関西万博に向けたパナソニックの想いや情報を発信していきます。

リンク

記事一覧

とことん音にこだわって、テレビで新たな体験価値を与えたい。

「超がつくテレビっ子でした。小学校から帰ったらテレビはつけっぱなし。毎日4時間、特にドラマが大好きで週7本は見ていました」。懐かしそうに子供の頃を振り返るのは、テ…

_and Materialってなんだろう?パナソニックが実践! ~「マテリアルと」つくるくらしの未来へのアプローチ ~

 マテリアルを起点に新たな価値創造を目指す「_and Material(アンドマテリアル)」。パナソニック内に蓄積する材料やそれにまつわる技術に関する全社横断の本コンソーシ…

「マテリアルと」つくる くらしの未来へのアプローチ

こんにちは、ソウゾウノート編集部です。 複数回にわたりご紹介してきた「_and Material」の活動ですが、本日の記事では改めてその活動領域を整理してご紹介します。こうい…

高画質を支える、5G時代の必須デバイス。〜積層コモンモードノイズフィルタ〜

スマートフォンの画面に映し出される高精細な画像、その裏側では高周波のデジタル信号が駆け巡り、ちらつきなどの障害を引きおこす電磁ノイズが発生しています。「積層コモ…

世界のくらしを向上させるきれいなプログラムを組みたい。

「子どもの頃、宇宙が大好きで、星とか、ロケットが出てくるドキュメンタリーをいっぱい観ていたんです。そこに出てくる望遠鏡とか、星を観測するための機械が本当にかっこ…

アドレスホッパーのZ世代と考える、「未来の定番」のつくり方 〜ADDress×Panasonic FUTURE LIFE FACTORY 共同プロジェクト〜(…

「未来の定番づくり」に取り組むパナソニックのデザインスタジオ、FUTURE LIFE FACTORY(以下:FLF)は、定額制の多拠点生活プラットフォーム「ADDress」を運営する株式会…

とことん音にこだわって、テレビで新たな体験価値を与えたい。

とことん音にこだわって、テレビで新たな体験価値を与えたい。

「超がつくテレビっ子でした。小学校から帰ったらテレビはつけっぱなし。毎日4時間、特にドラマが大好きで週7本は見ていました」。懐かしそうに子供の頃を振り返るのは、テレビのハード設計に携わる中西芳秀だ。「中学校に入ると、自分用にテレビを買ってもらったんです。嬉しくて嬉しくて。据え置きでしたが、脚をはずしたり、壁に細工したり、ドラマに出てくる壁かけテレビみたいにカスタマイズしちゃいました。壁に穴を開けた

もっとみる
_and Materialってなんだろう?パナソニックが実践! ~「マテリアルと」つくるくらしの未来へのアプローチ ~

_and Materialってなんだろう?パナソニックが実践! ~「マテリアルと」つくるくらしの未来へのアプローチ ~

 マテリアルを起点に新たな価値創造を目指す「_and Material(アンドマテリアル)」。パナソニック内に蓄積する材料やそれにまつわる技術に関する全社横断の本コンソーシアムは、「もっと材料でできることがあるのではないか?」と感じていたパナソニック社員中西さんと、材料起点のイノベーションを支援する「MTRL(マテリアル)」の小原さんを中心に、2019年に設立されました。現在、パナソニックグループ

もっとみる
「マテリアルと」つくる くらしの未来へのアプローチ

「マテリアルと」つくる くらしの未来へのアプローチ

こんにちは、ソウゾウノート編集部です。
複数回にわたりご紹介してきた「_and Material」の活動ですが、本日の記事では改めてその活動領域を整理してご紹介します。こういった活動から、メーカーとしてマテリアルに向き合うパナソニックのソウゾウリョクを感じていただけたら嬉しいです!過去記事へのリンクも掲載していますので、ご興味のある活動はぜひご一読ください。

_and Mateiral  活動の

もっとみる
高画質を支える、5G時代の必須デバイス。〜積層コモンモードノイズフィルタ〜

高画質を支える、5G時代の必須デバイス。〜積層コモンモードノイズフィルタ〜

スマートフォンの画面に映し出される高精細な画像、その裏側では高周波のデジタル信号が駆け巡り、ちらつきなどの障害を引きおこす電磁ノイズが発生しています。「積層コモンモードノイズフィルタ EXCシリーズ」(以下EXCシリーズ)は、この電磁ノイズを吸収し、乱れのない画像伝送をサポートする極小のデバイスです。10Gbpsの伝送速度に対応する高性能、0.6mm×0.5mmの小サイズ、独自技術による低コストと

もっとみる
世界のくらしを向上させるきれいなプログラムを組みたい。

世界のくらしを向上させるきれいなプログラムを組みたい。

「子どもの頃、宇宙が大好きで、星とか、ロケットが出てくるドキュメンタリーをいっぱい観ていたんです。そこに出てくる望遠鏡とか、星を観測するための機械が本当にかっこよくて。あとは、コンピュータ。観測機とか、人工衛星とか、当時はいろんなものにコンピュータが搭載され出した時代で、コンピュータがあれば今までにできないことできるって聞いて。とにかく触ってみたかったんです。そうしたら小学生の高学年になる頃に、や

もっとみる
アドレスホッパーのZ世代と考える、「未来の定番」のつくり方 〜ADDress×Panasonic FUTURE LIFE FACTORY 共同プロジェクト〜(後編)

アドレスホッパーのZ世代と考える、「未来の定番」のつくり方 〜ADDress×Panasonic FUTURE LIFE FACTORY 共同プロジェクト〜(後編)

「未来の定番づくり」に取り組むパナソニックのデザインスタジオ、FUTURE LIFE FACTORY(以下:FLF)は、定額制の多拠点生活プラットフォーム「ADDress」を運営する株式会社アドレス(以下、ADDress)との合同プロジェクトをスタート。ADDressを利用するアドレスホッパーのZ世代と一緒に「未来の定番」となる家電づくりに取り組んでいます。

カフェオーナーや未踏ジュニアスーパー

もっとみる