パナソニック_ソウゾウノート

一人ひとりが、いま以上の「いま」をソウゾウしてゆくために。パナソニックの公式note「ソウゾウノート」は、<あしたのソウゾウが響き合う>をコンセプトに、毎日の営みのなかでこれからの道をソウゾウしていく場所です。みなさんがソウゾウしたことも教えてくださいね。

パナソニック_ソウゾウノート

一人ひとりが、いま以上の「いま」をソウゾウしてゆくために。パナソニックの公式note「ソウゾウノート」は、<あしたのソウゾウが響き合う>をコンセプトに、毎日の営みのなかでこれからの道をソウゾウしていく場所です。みなさんがソウゾウしたことも教えてくださいね。

マガジン

  • 一人ひとりの物語に、一人ひとりのパナソニック

    パナソニックの人は、一人ひとりが志とそれぞれの夢を持っています。そしてそのすべては「物も心も豊かな理想の社会」の実現のためにあります。そんなパナソニックで働く一人ひとりの志や夢をお伝えします。2021年5月からは毎週日曜日に掲載していきます。おたのしみに。

  • 【内定者編集部】#こうして今パナソニックにいる

    はたらくってなんだろう、自分って何者だろう、自分にできることってなんだろう。まずは知るところから始めてみよう。パナソニックグループの内定者から見た、パナソニックグループで働く人をお届けします。

  • 僕らの時代

    noteマガジン『僕らの時代』は、様々なフィールドでソウゾウリョクを発揮し、挑戦を続けている方々とコラボレーションしていく連載企画です。

  • 未来をつくる技術の現場から

    日々変化する世界の中で、「理想のくらし」をつくり続けるパナソニック。その現場ではたらく技術者たちにスポットライトをあて、商品開発のストーリーや、チームとしてプロジェクトにかける想いをお届けします。毎週月曜日に掲載していきます。おたのしみに!

  • Join2025

    大阪・関西万博に向けたパナソニックの想いや情報を発信していきます。

リンク

記事一覧

いつでも「空気のような存在」に立ち戻る覚悟|#思い込みが変わったこと

ソウゾウノートでは、2022年3月25から「#思い込みが変わったこと」をテーマに投稿コンテストを開催しています。みなさんの「自分の思い込みが変わった」「周りの思い込みを…

デザインという大切な財産とともに、お客さまの安心を守りたい。

パナソニックには多種多様な商品がある。そのプロダクトデザインを守るために、意匠の権利取得、保護、模倣対策などを行うのが駒﨑久美子の仕事だ。「ここではパナソニック…

エンジニア視点のクリエイティブで、未来のくらしをイノベーションしたい。

「よく聞かれます、『デザインエンジニアって何?』と。確かに一般的ではないかもしれませんが、端的に言うと『エンジニアのバックグラウンドを持つデザイナー』、もしくは…

私たちのクリエイティビティを刺激するレトロ家電。デザインチームがソウゾウしたのは絵で音を鳴らすインタラクティブなステレオ

一見するとアンティーク家具のような、1960年代に発売されたステレオスピーカー、その名もスーパーフォニックステレオ HE-3000。松下電器時代からの商品が数多く保管されて…

「世間は正しい」を胸に、思い込みと向き合い学び続ける|#思い込みが変わったこと

ソウゾウノートでは、2022年3月25 日から「#思い込みが変わったこと」をテーマに投稿コンテストを開催しています。みなさんの「自分の思い込みが変わった」「周りの思い込…

#思い込みが変わったこと 投稿作品ご紹介03

こんにちは。ソウゾウノート編集部です。 noteコンテスト「#思い込みが変わったこと」へのご投稿ありがとうございます!皆さんの日常生活やとくべつな出来事の中で生まれ…

いつでも「空気のような存在」に立ち戻る覚悟|#思い込みが変わったこと

いつでも「空気のような存在」に立ち戻る覚悟|#思い込みが変わったこと

ソウゾウノートでは、2022年3月25から「#思い込みが変わったこと」をテーマに投稿コンテストを開催しています。みなさんの「自分の思い込みが変わった」「周りの思い込みを変えた」エピソードをつうじて、さまざまな生き方や価値観をご紹介していきます。

今回は、パナソニックホールディングス執行役員・CHROの三島茂樹さんの寄稿をご紹介します。人事として会社のカルチャーを担い、たくさんの人との関わりを持つ

もっとみる
デザインという大切な財産とともに、お客さまの安心を守りたい。

デザインという大切な財産とともに、お客さまの安心を守りたい。

パナソニックには多種多様な商品がある。そのプロダクトデザインを守るために、意匠の権利取得、保護、模倣対策などを行うのが駒﨑久美子の仕事だ。「ここではパナソニックグループの全商品の知的財産に関する業務を扱っています。私はそのなかでも主にパナソニックサイクルテック(株)の担当です。自分の趣味が自転車ということもあって、最初に担当をいただいた時は本当に嬉しかったですね」。パナソニックの自転車と言えば、電

もっとみる
エンジニア視点のクリエイティブで、未来のくらしをイノベーションしたい。

エンジニア視点のクリエイティブで、未来のくらしをイノベーションしたい。

「よく聞かれます、『デザインエンジニアって何?』と。確かに一般的ではないかもしれませんが、端的に言うと『エンジニアのバックグラウンドを持つデザイナー』、もしくは、その逆。テクノロジーとクリエイティブの領域を行ったり来たりしながら、アイディアをカタチにし、検証できるレベルでプロトタイピングしていく仕事です」。デザイン本部の「FUTURE LIFE FACTORY」に所属する川島大地は、自身の肩書きを

もっとみる
私たちのクリエイティビティを刺激するレトロ家電。デザインチームがソウゾウしたのは絵で音を鳴らすインタラクティブなステレオ

私たちのクリエイティビティを刺激するレトロ家電。デザインチームがソウゾウしたのは絵で音を鳴らすインタラクティブなステレオ

一見するとアンティーク家具のような、1960年代に発売されたステレオスピーカー、その名もスーパーフォニックステレオ HE-3000。松下電器時代からの商品が数多く保管されている収蔵庫で、パナソニックのデザインチーム FUTURE LIFE FACTORY(以下FLF)のメンバーはその重厚さに心を奪われました。レコードプレーヤー部分がない状態だったため誰の目にも触れられずに保管されていたこのステレオ

もっとみる
「世間は正しい」を胸に、思い込みと向き合い学び続ける|#思い込みが変わったこと

「世間は正しい」を胸に、思い込みと向き合い学び続ける|#思い込みが変わったこと

ソウゾウノートでは、2022年3月25 日から「#思い込みが変わったこと」をテーマに投稿コンテストを開催しています。みなさんの「自分の思い込みが変わった」「周りの思い込みを変えた」エピソードをつうじて、さまざまな生き方や価値観をご紹介していきます。

今回お話を伺うのは、メーガン・ミュンワン・リーさん。韓国出身で、現在はパナソニック北米社CEOの立場でDEIの推進に取り組んでいます。そんなメーガン

もっとみる
#思い込みが変わったこと 投稿作品ご紹介03

#思い込みが変わったこと 投稿作品ご紹介03

こんにちは。ソウゾウノート編集部です。
noteコンテスト「#思い込みが変わったこと」へのご投稿ありがとうございます!皆さんの日常生活やとくべつな出来事の中で生まれた価値観や考え方に触れることができて、毎日が新しい発見の連続になっています。
noteコンテストも、あと1週間となりましたが、引き続き、noteでもTwitterでも投稿をお待ちしております!

それでは、先週に引き続き、noteに投稿

もっとみる