パナソニック_ソウゾウノート

一人ひとりが、いま以上の「いま」をソウゾウしてゆくために。パナソニックの公式note「ソウゾウノート」は、<あしたのソウゾウが響き合う>をコンセプトに、毎日の営みのなかでこれからの道をソウゾウしていく場所です。みなさんがソウゾウしたことも教えてくださいね。

パナソニック_ソウゾウノート

一人ひとりが、いま以上の「いま」をソウゾウしてゆくために。パナソニックの公式note「ソウゾウノート」は、<あしたのソウゾウが響き合う>をコンセプトに、毎日の営みのなかでこれからの道をソウゾウしていく場所です。みなさんがソウゾウしたことも教えてくださいね。

マガジン

  • 一人ひとりの物語に、一人ひとりのパナソニック

    パナソニックの人は、一人ひとりが志とそれぞれの夢を持っています。そしてそのすべては「物も心も豊かな理想の社会」の実現のためにあります。そんなパナソニックで働く一人ひとりの志や夢をお伝えします。2021年5月からは毎週日曜日に掲載していきます。おたのしみに。

  • 【内定者編集部】#こうして今パナソニックにいる

    はたらくってなんだろう、自分って何者だろう、自分にできることってなんだろう。まずは知るところから始めてみよう。パナソニックグループの内定者から見た、パナソニックグループで働く人をお届けします。

  • 僕らの時代

    noteマガジン『僕らの時代』は、様々なフィールドでソウゾウリョクを発揮し、挑戦を続けている方々とコラボレーションしていく連載企画です。

  • 未来をつくる技術の現場から

    日々変化する世界の中で、「理想のくらし」をつくり続けるパナソニック。その現場ではたらく技術者たちにスポットライトをあて、商品開発のストーリーや、チームとしてプロジェクトにかける想いをお届けします。毎週月曜日に掲載していきます。おたのしみに!

  • Join2025

    大阪・関西万博に向けたパナソニックの想いや情報を発信していきます。

リンク

記事一覧

電池のソフトウェアを進化させて、もっと安全に世界を動かしたい。

小さな頃から、「おもしろそう」に導かれるように貝野友美は、進むべき道を選んできた。直感的に惹かれたモノゴトは、やってみないと気が済まない。過去や経験にとらわれる…

「ここまでやってくれる人、初めてや!」が聞きたくて。隠れた要望に応える、フィールドSEの思い

軽さ、頑丈さ、バッテリー駆動時間の長さにこだわってつくられた働く人のためのモバイルPC「レッツノート」。その本質的な価値はレッツノートを取り巻く「人」が生み出して…

今月のソウゾウ(仮)|2022年12月号

みなさん、こんにちは。ソウゾウノート編集部です。いよいよ今年も残すところあと一か月となりました。2020年以降、イベントが中止になったり形態を変えたり、わかりやすく…

【内定者編集部】数字を分析し、経営を裏から支えるサポーター〜経理・上田さん〜

パナソニックグループ内定者である私と森山さんによるnoteマガジン「【内定者編集部】#こうして今パナソニックにいる」7人目のインタビューです。 パナソニックグループ…

グラウンドの狙った所だけを照らす!周囲に光を漏らさないLED照明〜光害対策投光器 開発チームインタビュー〜

狭配光・高効率光学系による光害対策投光器 夜間のグラウンドや駐車場の屋外照明と聞くと、みなさんはどんなニーズを思い浮かべるでしょう。野球やテニスをする方ならば「…

法務の仕事を通して、人や社会の役に立ちたい。

「プロのサッカー選手になることが、夢でした」。そう語る伴寛之は、小3からサッカーを始め、中学は全国ベスト8、高校は全国ベスト4に入る強豪校に進学。来る日も来る日も…

電池のソフトウェアを進化させて、もっと安全に世界を動かしたい。

電池のソフトウェアを進化させて、もっと安全に世界を動かしたい。

小さな頃から、「おもしろそう」に導かれるように貝野友美は、進むべき道を選んできた。直感的に惹かれたモノゴトは、やってみないと気が済まない。過去や経験にとらわれることなく、今自分が感じている気持ちに素直に向き合う。そうしてたどり着いたのが、電池のソフトウェアを開発する仕事だった。

幼少期を過ごしたのは、京都府福知山と大阪府堺市。6歳まで過ごした自然豊かな福知山では、木に登って遊んでいたのを覚えてい

もっとみる
「ここまでやってくれる人、初めてや!」が聞きたくて。隠れた要望に応える、フィールドSEの思い

「ここまでやってくれる人、初めてや!」が聞きたくて。隠れた要望に応える、フィールドSEの思い

軽さ、頑丈さ、バッテリー駆動時間の長さにこだわってつくられた働く人のためのモバイルPC「レッツノート」。その本質的な価値はレッツノートを取り巻く「人」が生み出しているのです。
 
『わたしとレッツノートの舞台裏』では、レッツノートをかたちづくる人たちの仕事にかける思いや、舞台裏の知られざるエピソードを紹介します! ​今回登場するのは、「新幹線でレッツノートを使っている人を見かけると、つい話しかけて

もっとみる
今月のソウゾウ(仮)|2022年12月号

今月のソウゾウ(仮)|2022年12月号

みなさん、こんにちは。ソウゾウノート編集部です。いよいよ今年も残すところあと一か月となりました。2020年以降、イベントが中止になったり形態を変えたり、わかりやすく季節を感じる機会が極端に減っていた気がしますが少しずつ外に出る機会も増え数年分の年末を感じている編集部です。

さて、この年末にパナソニックではこのようなキャンペーンを行っています。

この一年をふりかえりながら感じたシアワセや守りたい

もっとみる
【内定者編集部】数字を分析し、経営を裏から支えるサポーター〜経理・上田さん〜

【内定者編集部】数字を分析し、経営を裏から支えるサポーター〜経理・上田さん〜

パナソニックグループ内定者である私と森山さんによるnoteマガジン「【内定者編集部】#こうして今パナソニックにいる」7人目のインタビューです。

パナソニックグループで働く方へのインタビューを通して、私と同じ学生の皆さんに仕事や社会人の方を身近に感じていただくきっかけ作りができれば嬉しいです。
毎週水曜日に発信していきますので、是非、お楽しみください。

さて、今回はパナソニック インダストリー株

もっとみる
グラウンドの狙った所だけを照らす!周囲に光を漏らさないLED照明〜光害対策投光器 開発チームインタビュー〜

グラウンドの狙った所だけを照らす!周囲に光を漏らさないLED照明〜光害対策投光器 開発チームインタビュー〜

狭配光・高効率光学系による光害対策投光器
夜間のグラウンドや駐車場の屋外照明と聞くと、みなさんはどんなニーズを思い浮かべるでしょう。野球やテニスをする方ならば「まぶしすぎない、ちょうどいい光」、駐車場には「事故・事件を予防する明るさ」が必要ですが、もうひとつの要件は、近隣住民や農地に影響が及ぶ「光害(ひかりがい)」を抑えること。今回は特定方向に強い指向性を持つ新しいレンズを開発し、光害対策投光器の

もっとみる
法務の仕事を通して、人や社会の役に立ちたい。

法務の仕事を通して、人や社会の役に立ちたい。

「プロのサッカー選手になることが、夢でした」。そう語る伴寛之は、小3からサッカーを始め、中学は全国ベスト8、高校は全国ベスト4に入る強豪校に進学。来る日も来る日も練習に打ち込んだ。しかし、高3の秋に迎えた全国高校サッカー選手権大会で、チームは予選敗退。その試合、彼は一度もピッチに立つことなく試合終了のホイッスルを聞いた。「結局レギュラーにはなれず、人生ではじめて挫折というものを経験しました。でも、

もっとみる