パナソニック_ソウゾウノート

一人ひとりが、いま以上の「いま」をソウゾウしてゆくために。パナソニックの公式note「ソウゾウノート」は、<あしたのソウゾウが響き合う>をコンセプトに、毎日の営みのなかでこれからの道をソウゾウしていく場所です。みなさんがソウゾウしたことも教えてくださいね。

パナソニック_ソウゾウノート

一人ひとりが、いま以上の「いま」をソウゾウしてゆくために。パナソニックの公式note「ソウゾウノート」は、<あしたのソウゾウが響き合う>をコンセプトに、毎日の営みのなかでこれからの道をソウゾウしていく場所です。みなさんがソウゾウしたことも教えてくださいね。

マガジン

  • 一人ひとりの物語に、一人ひとりのパナソニック

    パナソニックの人は、一人ひとりが志とそれぞれの夢を持っています。そしてそのすべては「物も心も豊かな理想の社会」の実現のためにあります。そんなパナソニックで働く一人ひとりの志や夢をお伝えします。2021年5月からは毎週日曜日に掲載していきます。おたのしみに。

  • 【内定者編集部】#こうして今パナソニックにいる

    はたらくってなんだろう、自分って何者だろう、自分にできることってなんだろう。まずは知るところから始めてみよう。パナソニックグループの内定者から見た、パナソニックグループで働く人をお届けします。

  • 僕らの時代

    noteマガジン『僕らの時代』は、様々なフィールドでソウゾウリョクを発揮し、挑戦を続けている方々とコラボレーションしていく連載企画です。

  • 未来をつくる技術の現場から

    日々変化する世界の中で、「理想のくらし」をつくり続けるパナソニック。その現場ではたらく技術者たちにスポットライトをあて、商品開発のストーリーや、チームとしてプロジェクトにかける想いをお届けします。毎週月曜日に掲載していきます。おたのしみに!

  • Join2025

    大阪・関西万博に向けたパナソニックの想いや情報を発信していきます。

リンク

記事一覧

より良い製品を、お客さまにとって より良い商品に変えていきたい。

就職活動をしていて気が付いた。自分たちが普段目にするさまざまなもの、たとえば商品やサービスは、勝手に生まれてくるものではなく、企業の人が頑張ってつくっているもの…

女性技術者の目線で、 豊かなくらしづくりに貢献したい。

「ものをつくる前に、人をつくる」。学校の先生が教えてくれた松下幸之助の言葉。その時は、良い言葉だなって思ったぐらいで、その言葉が、後々進路を決めるきっかけになる…

当たり前を捨てて、ひらめきを引き出す。AkeruEのデザイン発想|PASSION Vol.4

何かを成し遂げるのに必要なのは、知識や経験以上に「それを実現したい」という情熱である。 創業者・松下幸之助がのこした考え方は今日も私たちの指針となっています。 …

世界中の人にナノイードライヤーの性能を 実感してもらいたい。

「ドライヤーで、何かご不便されていることありますか?」。機会があれば、そんな質問をするという。満面の笑顔で、だけど一言も漏らさぬように彼は耳を傾ける。「お客さま…

誰もが自分らしくくらせる住空間を AI技術で実現したい。

入社してわずか半年。配属されたゲーム開発の部署が、事業から撤退することになった時は驚いた。突然、やることが何もなくなった。「勉強しておけ」と言われて、当時として…

「知る」ことでつながり広がる世界を見ていたい|PASSION Vol.3

何かを成し遂げるのに必要なのは、知識や経験以上に「それを実現したい」という情熱である。 創業者・松下幸之助がのこした考え方は今日も私たちの指針となっています。 …

より良い製品を、お客さまにとって
より良い商品に変えていきたい。

より良い製品を、お客さまにとって より良い商品に変えていきたい。

就職活動をしていて気が付いた。自分たちが普段目にするさまざまなもの、たとえば商品やサービスは、勝手に生まれてくるものではなく、企業の人が頑張ってつくっているものなのだと。当たり前のことなのかもしれないけれど、そのことにとても感動したのを覚えている。

「入社して、実際の製造現場と販売の現場を知って驚きました。ひとつの製品がお客さまのもとに届くまでには、本当にたくさんの人の手が関わっているんです。技

もっとみる
女性技術者の目線で、
豊かなくらしづくりに貢献したい。

女性技術者の目線で、 豊かなくらしづくりに貢献したい。

「ものをつくる前に、人をつくる」。学校の先生が教えてくれた松下幸之助の言葉。その時は、良い言葉だなって思ったぐらいで、その言葉が、後々進路を決めるきっかけになるとは思わなかった。

子どもの頃から、機械が好きだった。おもちゃを分解しては、また組み立てたりして遊んだ。高等専門学校も、電子回路や素子をつくる学科(40人中4人しか女子がいなかった)を選んだし、就職先も自分のつくったもので、さまざまな人に

もっとみる
当たり前を捨てて、ひらめきを引き出す。AkeruEのデザイン発想|PASSION Vol.4

当たり前を捨てて、ひらめきを引き出す。AkeruEのデザイン発想|PASSION Vol.4

何かを成し遂げるのに必要なのは、知識や経験以上に「それを実現したい」という情熱である。

創業者・松下幸之助がのこした考え方は今日も私たちの指針となっています。

連載企画「PASSION」では、「プロジェクト×人」という切り口でパナソニック社員やそこに携わる社外の方々にもお話しを伺い、それぞれが秘めた情熱の源泉を探っていきます。

これまで3回に渡ってお送りしてきた「AkeruE」プロジェクトメ

もっとみる
世界中の人にナノイードライヤーの性能を
実感してもらいたい。

世界中の人にナノイードライヤーの性能を 実感してもらいたい。

「ドライヤーで、何かご不便されていることありますか?」。機会があれば、そんな質問をするという。満面の笑顔で、だけど一言も漏らさぬように彼は耳を傾ける。「お客さまの生の声を聞けるのが嬉しいんです。次の製品のヒントになるから。だからつい、にやけてしまうんです」。

高野創志は「自分がドライヤーをつくることになるなんて、思いもしなかった」と振り返る。大学は、工学部材料工学科。本当は、大学院に行こうと思っ

もっとみる
誰もが自分らしくくらせる住空間を
AI技術で実現したい。

誰もが自分らしくくらせる住空間を AI技術で実現したい。

入社してわずか半年。配属されたゲーム開発の部署が、事業から撤退することになった時は驚いた。突然、やることが何もなくなった。「勉強しておけ」と言われて、当時としては、かなりハイスペックなコンピュータを与えられた。その時は、何のためにやっているのか分からなかったが、コンピュータの技術は大学より企業の方が進んでいたから、とりあえず勉強にはなった。彼は、来る日も来る日もコンピュータグラフィックスを学び続け

もっとみる
「知る」ことでつながり広がる世界を見ていたい|PASSION Vol.3

「知る」ことでつながり広がる世界を見ていたい|PASSION Vol.3

何かを成し遂げるのに必要なのは、知識や経験以上に「それを実現したい」という情熱である。

創業者・松下幸之助がのこした考え方は今日も私たちの指針となっています。

連載企画「PASSION」では、「プロジェクト×人」という切り口でパナソニック社員やそこに携わる社外の方々にもお話しを伺い、それぞれが秘めた情熱の源泉を探っていきます。

今回も引き続き「AkeruE」プロジェクトに取り組んだメンバーの

もっとみる