パナソニック_ソウゾウノート

一人ひとりが、いま以上の「いま」をソウゾウしてゆくために。パナソニックの公式note「ソウゾウノート」は、<あしたのソウゾウが響き合う>をコンセプトに、毎日の営みのなかでこれからの道をソウゾウしていく場所です。みなさんがソウゾウしたことも教えてくださいね。

パナソニック_ソウゾウノート

一人ひとりが、いま以上の「いま」をソウゾウしてゆくために。パナソニックの公式note「ソウゾウノート」は、<あしたのソウゾウが響き合う>をコンセプトに、毎日の営みのなかでこれからの道をソウゾウしていく場所です。みなさんがソウゾウしたことも教えてくださいね。

マガジン

  • 一人ひとりの物語に、一人ひとりのパナソニック

    パナソニックの人は、一人ひとりが志とそれぞれの夢を持っています。そしてそのすべては「物も心も豊かな理想の社会」の実現のためにあります。そんなパナソニックで働く一人ひとりの志や夢をお伝えします。2021年5月からは毎週日曜日に掲載していきます。おたのしみに。

  • 【内定者編集部】#こうして今パナソニックにいる

    はたらくってなんだろう、自分って何者だろう、自分にできることってなんだろう。まずは知るところから始めてみよう。パナソニックグループの内定者から見た、パナソニックグループで働く人をお届けします。

  • 僕らの時代

    noteマガジン『僕らの時代』は、様々なフィールドでソウゾウリョクを発揮し、挑戦を続けている方々とコラボレーションしていく連載企画です。

  • 未来をつくる技術の現場から

    日々変化する世界の中で、「理想のくらし」をつくり続けるパナソニック。その現場ではたらく技術者たちにスポットライトをあて、商品開発のストーリーや、チームとしてプロジェクトにかける想いをお届けします。毎週月曜日に掲載していきます。おたのしみに!

  • Join2025

    大阪・関西万博に向けたパナソニックの想いや情報を発信していきます。

リンク

記事一覧

経済合理性を超え、小さな1歩を踏み出すために。「#地球にやさしく自分にやさしく」の実践に向けて対話した時間──q&d Talk vo…

パナソニックは、くらしにおける問いと対話をテーマにしたメディア『q&d』を運営しています。q&dでは、一人ひとりが自分にあった理想のくらしを見つけるときによりどころ…

僕はシスで、ヘテロで、ふつうじゃない。|#思い込みが変わったこと

こんにちは、ソウゾウノート編集部です。 3月25日(金)からnoteコンテスト「#思い込みが変わったこと」が開催されています。 みなさんには、思い込みががらっと変わった…

パナソニックの二次電池工場を、世界最先端のスマートファクトリーにしたい。

地球温暖化の問題を知ったのは、小学校高学年の頃だった。自分の住んでいるこの地球の未来が危険にさらされている、という事実にショックを受けた。食い止めるには、エネル…

ちょっとおもしろい家電をつくって、くらしを幸せにしたい。

変なものをつくりたい。それは、子どもの頃から心の奥にある衝動だった。小学校の美術の授業で「立方体の形でジオラマをつくる」という課題が出た時は、スタジアムを半分だ…

環境にやさしい行動を、”とりたくなっちゃう”日常へ。「Carbon Pay」で描く新しい生活様式

「これからの豊かなくらしとは何か」を問い直し、従来の形や常識にとらわれない発想で具現化し続けてきたパナソニックのデザインスタジオ、FUTURE LIFE FACTORY(以下:FLF…

あなたと「#思い込みが変わったこと」を語りたい!

パナソニック「ソウゾウノート」とnoteの共同で、2022年3月25日~2022年4月24日のあいだ、noteコンテスト「#思い込みが変わったこと」を開催します。 ▼詳細 このコンテ…

経済合理性を超え、小さな1歩を踏み出すために。「#地球にやさしく自分にやさしく」の実践に向けて対話した時間──q&d Talk vol.1レポート

経済合理性を超え、小さな1歩を踏み出すために。「#地球にやさしく自分にやさしく」の実践に向けて対話した時間──q&d Talk vol.1レポート

パナソニックは、くらしにおける問いと対話をテーマにしたメディア『q&d』を運営しています。q&dでは、一人ひとりが自分にあった理想のくらしを見つけるときによりどころとなる「問い」を立て、読者のみなさまと共有しています。

第2回の特集で設定したテーマは、「地球とわたしにやさしい日々の過ごし方(Lifestyle for Planetary Good)」。
「地球へのやさしさ」と「私自身の心地よさ」

もっとみる
僕はシスで、ヘテロで、ふつうじゃない。|#思い込みが変わったこと

僕はシスで、ヘテロで、ふつうじゃない。|#思い込みが変わったこと

こんにちは、ソウゾウノート編集部です。
3月25日(金)からnoteコンテスト「#思い込みが変わったこと」が開催されています。

みなさんには、思い込みががらっと変わった経験はありますか? きっかけは意外と何気ない日常の瞬間だったということもあれば、やっぱりとくべつな出来事だったという方もいらっしゃるかもしれません。

今回のnoteコンテスト「#思い込みが変わったこと」では、多様な価値観や生き方

もっとみる
パナソニックの二次電池工場を、世界最先端のスマートファクトリーにしたい。

パナソニックの二次電池工場を、世界最先端のスマートファクトリーにしたい。

地球温暖化の問題を知ったのは、小学校高学年の頃だった。自分の住んでいるこの地球の未来が危険にさらされている、という事実にショックを受けた。食い止めるには、エネルギーのつくり方や使われ方を変える必要があることを学び、自分もそこに関わりたいと思った。中学に入ると、テレビで「高専ロボコン(全国高等専門学校ロボットコンテスト)」を見て、高専の存在を知った。周りには高専をめざす人はひとりもいなかったが、ここ

もっとみる
ちょっとおもしろい家電をつくって、くらしを幸せにしたい。

ちょっとおもしろい家電をつくって、くらしを幸せにしたい。

変なものをつくりたい。それは、子どもの頃から心の奥にある衝動だった。小学校の美術の授業で「立方体の形でジオラマをつくる」という課題が出た時は、スタジアムを半分だけつくり、奥に鏡を貼ることで全体を見えるようにしたサッカー場を提出した。他と比べあまりに異質だったその作品は学校に飾られることになったが、彼はそのことよりも、みんなが驚いて、笑ってくれたことの方が嬉しかった。「実はあれ、私は図面を引いただけ

もっとみる
環境にやさしい行動を、”とりたくなっちゃう”日常へ。「Carbon Pay」で描く新しい生活様式

環境にやさしい行動を、”とりたくなっちゃう”日常へ。「Carbon Pay」で描く新しい生活様式

「これからの豊かなくらしとは何か」を問い直し、従来の形や常識にとらわれない発想で具現化し続けてきたパナソニックのデザインスタジオ、FUTURE LIFE FACTORY(以下:FLF)。

2021年度の集大成として、3月10日(木)から16日(水)にかけて、下北沢ボーナストラックにて、「Remixed Reality EXHIBITION あなたと未来のくらしを問う7日間」が開催されました。

もっとみる
あなたと「#思い込みが変わったこと」を語りたい!

あなたと「#思い込みが変わったこと」を語りたい!

パナソニック「ソウゾウノート」とnoteの共同で、2022年3月25日~2022年4月24日のあいだ、noteコンテスト「#思い込みが変わったこと」を開催します。

▼詳細

このコンテストでは、これまでの「思い込み」について別の視点や考え方に気づいたり、「常識」の概念が変わったことについての投稿を募集します。実際に投稿いただくのはもちろん、ほかの方の投稿を読み、誰かの「思い込み」を知ることで、自

もっとみる