パナソニック_ソウゾウノート

一人ひとりが、いま以上の「いま」をソウゾウしてゆくために。パナソニックの公式note「ソウゾウノート」は、<あしたのソウゾウが響き合う>をコンセプトに、毎日の営みのなかでこれからの道をソウゾウしていく場所です。みなさんがソウゾウしたことも教えてくださいね。

パナソニック_ソウゾウノート

一人ひとりが、いま以上の「いま」をソウゾウしてゆくために。パナソニックの公式note「ソウゾウノート」は、<あしたのソウゾウが響き合う>をコンセプトに、毎日の営みのなかでこれからの道をソウゾウしていく場所です。みなさんがソウゾウしたことも教えてくださいね。

マガジン

  • 一人ひとりの物語に、一人ひとりのパナソニック

    パナソニックの人は、一人ひとりが志とそれぞれの夢を持っています。そしてそのすべては「物も心も豊かな理想の社会」の実現のためにあります。そんなパナソニックで働く一人ひとりの志や夢をお伝えします。2021年5月からは毎週日曜日に掲載していきます。おたのしみに。

  • 【内定者編集部】#こうして今パナソニックにいる

    はたらくってなんだろう、自分って何者だろう、自分にできることってなんだろう。まずは知るところから始めてみよう。パナソニックグループの内定者から見た、パナソニックグループで働く人をお届けします。

  • 僕らの時代

    noteマガジン『僕らの時代』は、様々なフィールドでソウゾウリョクを発揮し、挑戦を続けている方々とコラボレーションしていく連載企画です。

  • 未来をつくる技術の現場から

    日々変化する世界の中で、「理想のくらし」をつくり続けるパナソニック。その現場ではたらく技術者たちにスポットライトをあて、商品開発のストーリーや、チームとしてプロジェクトにかける想いをお届けします。毎週月曜日に掲載していきます。おたのしみに!

  • Join2025

    大阪・関西万博に向けたパナソニックの想いや情報を発信していきます。

リンク

記事一覧

最小単位の情熱が社会の豊かさを最大化する パノラマティクス・齋藤精一

パナソニックの製品を支えてきた開発者たちやプロジェクトに関わってきた社外の人たちの情熱を紐解いていく連続企画「Passion」。今回お話しを伺ったのは「immersion(没入…

”美感遊創”の、本物をつくる/RAMSA開発者 大町亮一

「仕事をする、経営をするときに何がいちばん大事かと言えば、その仕事を進める人、その経営者の熱意やね。あふれるような情熱、熱意。そういうものを、まずその人が持って…

個人の挑戦を 組織の変化につなげる。――パナソニックが考える新しい働き方

こんにちは、「ソウゾウノート」編集部です。今回は、個人の熱意にこたえようとするパナソニックの新しい人事制度についてご紹介します。 「社外留職」で、"イノベーショ…

価値観を嗅ぎ分け、自らの哲学で説得する/テクニクス 井谷哲也

何かを成し遂げるのに必要なのは、知識や経験以上に「それを実現したい」という情熱である――。 創業者・松下幸之助の仕事観は今日も私たちの指針となっています。 連載…

みんなのビジネスを前に進める 「稼げる法務」になりたい。

「電子材料って何?私、文学部だけど大丈夫?」。配属先を聞いて驚いた。電子材料事業部。いったい何をするところだろう。入社前に思い描いていた夢が、少し遠ざかってしま…

水の質を変えて、 新しい生活の価値を提案したい。

技術の仕事に携わっていた彼の父は、おもちゃを完成品で買ってくることは、あまりなかった。まず、つくること。遊びは、いつもそこからだった。工作キットにラジコンやパソ…

最小単位の情熱が社会の豊かさを最大化する パノラマティクス・齋藤精一

最小単位の情熱が社会の豊かさを最大化する パノラマティクス・齋藤精一

パナソニックの製品を支えてきた開発者たちやプロジェクトに関わってきた社外の人たちの情熱を紐解いていく連続企画「Passion」。今回お話しを伺ったのは「immersion(没入)」をテーマに、映像と音響で没入感のある新しい空間体験を実現するパナソニックセンター東京の新展示「immersion 1200/1500/1800」 を手掛けたパノラマティクス 主宰 齋藤精一さん。

展示制作にあたっての想

もっとみる
”美感遊創”の、本物をつくる/RAMSA開発者 大町亮一

”美感遊創”の、本物をつくる/RAMSA開発者 大町亮一

「仕事をする、経営をするときに何がいちばん大事かと言えば、その仕事を進める人、その経営者の熱意やね。あふれるような情熱、熱意。そういうものを、まずその人が持っておるかどうかということや。熱意があれば知恵が生まれてくる」 

この松下幸之助が語った仕事への価値観は、今日もパナソニックの指針となっています。今後数回にわたってお届けする新企画「Passion」は、社員はもちろんプロジェクトに携わる社外の

もっとみる
個人の挑戦を
組織の変化につなげる。――パナソニックが考える新しい働き方

個人の挑戦を 組織の変化につなげる。――パナソニックが考える新しい働き方

こんにちは、「ソウゾウノート」編集部です。今回は、個人の熱意にこたえようとするパナソニックの新しい人事制度についてご紹介します。

「社外留職」で、"イノベーション推進者"に。社員一人ひとりが持てる力を最大限発揮することは、組織を強くし、世の中に役に立つことへとつながっていく。そう考えるパナソニックは、「物をつくる前に人をつくる」という言葉があるくらい、人材育成に重きをおいています。
人材育成のポ

もっとみる
価値観を嗅ぎ分け、自らの哲学で説得する/テクニクス 井谷哲也

価値観を嗅ぎ分け、自らの哲学で説得する/テクニクス 井谷哲也

何かを成し遂げるのに必要なのは、知識や経験以上に「それを実現したい」という情熱である――。

創業者・松下幸之助の仕事観は今日も私たちの指針となっています。
連載企画「Passion」では、パナソニック社員やプロジェクトに携わる社外の方々にお話しを伺い、それぞれが秘めた情熱の源泉を探っていきます。

今回話を聞いたのは、アプライアンス社テクニクス事業推進室チーフエンジニア/CTOの井谷哲也さんです

もっとみる
みんなのビジネスを前に進める
「稼げる法務」になりたい。

みんなのビジネスを前に進める 「稼げる法務」になりたい。

「電子材料って何?私、文学部だけど大丈夫?」。配属先を聞いて驚いた。電子材料事業部。いったい何をするところだろう。入社前に思い描いていた夢が、少し遠ざかってしまったように、その時は思えた。

「デスクワークが中心でも、海外と積極的に関わる仕事がしたい」。そんな夢があって、パナソニックを志望した。海外ステイ体験などからグローバルな仕事に憧れたが、足が不自由なため、どんな仕事でもこなせるわけではない。

もっとみる
水の質を変えて、
新しい生活の価値を提案したい。

水の質を変えて、 新しい生活の価値を提案したい。

技術の仕事に携わっていた彼の父は、おもちゃを完成品で買ってくることは、あまりなかった。まず、つくること。遊びは、いつもそこからだった。工作キットにラジコンやパソコン。「一緒につくるのが、とにかくたのしかったんです。逆に完成しちゃうとすぐに飽きちゃったりして」。大学では、迷わず機械工学を専攻した。

就職活動においては、くらしに密着したモノづくりをしている会社が良いと思った。なかでも、人がいちばん長

もっとみる