パナソニック_ソウゾウノート

一人ひとりが、いま以上の「いま」をソウゾウしてゆくために。パナソニックの公式note「ソウゾウノート」は、<あしたのソウゾウが響き合う>をコンセプトに、毎日の営みのなかでこれからの道をソウゾウしていく場所です。みなさんがソウゾウしたことも教えてくださいね。

パナソニック_ソウゾウノート

一人ひとりが、いま以上の「いま」をソウゾウしてゆくために。パナソニックの公式note「ソウゾウノート」は、<あしたのソウゾウが響き合う>をコンセプトに、毎日の営みのなかでこれからの道をソウゾウしていく場所です。みなさんがソウゾウしたことも教えてくださいね。

マガジン

  • 一人ひとりの物語に、一人ひとりのパナソニック

    パナソニックの人は、一人ひとりが志とそれぞれの夢を持っています。そしてそのすべては「物も心も豊かな理想の社会」の実現のためにあります。そんなパナソニックで働く一人ひとりの志や夢をお伝えします。2021年5月からは毎週日曜日に掲載していきます。おたのしみに。

  • 【内定者編集部】#こうして今パナソニックにいる

    はたらくってなんだろう、自分って何者だろう、自分にできることってなんだろう。まずは知るところから始めてみよう。パナソニックグループの内定者から見た、パナソニックグループで働く人をお届けします。

  • 僕らの時代

    noteマガジン『僕らの時代』は、様々なフィールドでソウゾウリョクを発揮し、挑戦を続けている方々とコラボレーションしていく連載企画です。

  • 未来をつくる技術の現場から

    日々変化する世界の中で、「理想のくらし」をつくり続けるパナソニック。その現場ではたらく技術者たちにスポットライトをあて、商品開発のストーリーや、チームとしてプロジェクトにかける想いをお届けします。毎週月曜日に掲載していきます。おたのしみに!

  • Join2025

    大阪・関西万博に向けたパナソニックの想いや情報を発信していきます。

リンク

記事一覧

社外とコラボして対話を重ねる。議論メシとq&dで「家族」について問うイベントを開催

「問い(Question)」と「対話(Dialogue)」でくらしの理想を考えるパナソニックのオウンドメディア 『q&d』は、2021年12月10日に、問いでつながるコミュニティ「議論メシ…

「人に尽くす“人事”の仕事」就職浪人の道を選んで掴んだ自分のやりたいこと

パナソニックnote編集部です。 今回は、パナソニックの2022年度入社予定、河村(かわむら)の「#この仕事を選んだわけ」をご紹介いたします。 ★★★ はじめまして。来…

私がポジティブに生きることを後押しした「やさしさと縄文」の物語

創業者・松下幸之助は未来を担う若者たちへの応援メッセージを数多く残しています。その思いは、いまもわたしたちの大きなテーマのひとつ。 連載企画「youth for life(ユ…

多くの人と対話し、自分を見つめ直すことで、仕事選びの軸が見えてくる

パナソニックnote編集部です。 今回は、パナソニックの2022年度入社予定、永島(ながしま)の「#この仕事を選んだわけ」をご紹介いたします。 ★★★ はじめまして。来…

休日限定で農家をしながら野望を叶える課長の舞台裏【後編】|レッツノートと私と。

〈登場人物紹介〉佐藤英治(さとう・えいじ) メーカー勤務の経理課長。謹厳実直を絵に描いたような堅物だが、仕事ぶりは極めて正確で、あつく信頼されている。 井川丈留…

休日限定で農家をしながら野望を叶える課長の舞台裏【前編】|レッツノートと私と。

〈登場人物紹介〉佐藤英治(さとう・えいじ) メーカー勤務の経理課長。謹厳実直を絵に描いたような堅物だが、仕事ぶりは極めて正確で、あつく信頼されている。 井川丈留…

社外とコラボして対話を重ねる。議論メシとq&dで「家族」について問うイベントを開催

社外とコラボして対話を重ねる。議論メシとq&dで「家族」について問うイベントを開催

「問い(Question)」と「対話(Dialogue)」でくらしの理想を考えるパナソニックのオウンドメディア 『q&d』は、2021年12月10日に、問いでつながるコミュニティ「議論メシ」とコラボイベントを開催しました!

q&dの初回特集である「理想の家族ってなんだろう?」という問いについて対話するイベントには、q&d編集部も参加。今回は議論メシのメンバーのみなさんとともに、「家族」について対

もっとみる
「人に尽くす“人事”の仕事」就職浪人の道を選んで掴んだ自分のやりたいこと

「人に尽くす“人事”の仕事」就職浪人の道を選んで掴んだ自分のやりたいこと

パナソニックnote編集部です。

今回は、パナソニックの2022年度入社予定、河村(かわむら)の「#この仕事を選んだわけ」をご紹介いたします。

★★★

はじめまして。来年度からパナソニックの人事部門に入社予定の河村です。

パナソニックとnoteがコラボした投稿コンテスト「#この仕事を選んだわけ」が12月13日にスタートしました。

僕がどんなふうに就活と向き合ったか、そしてどんな仕事を選ん

もっとみる
私がポジティブに生きることを後押しした「やさしさと縄文」の物語

私がポジティブに生きることを後押しした「やさしさと縄文」の物語

創業者・松下幸之助は未来を担う若者たちへの応援メッセージを数多く残しています。その思いは、いまもわたしたちの大きなテーマのひとつ。

連載企画「youth for life(ユースフォーライフ)」では、若者が、自分や誰かの人生とくらしのために、その「青年の力(興味、関心、熱意、素直な心)」を大いにのびのびと、正しく使おうと模索する姿を発信していきます。

第3回目となる今回も、2020年冬に開催さ

もっとみる
多くの人と対話し、自分を見つめ直すことで、仕事選びの軸が見えてくる

多くの人と対話し、自分を見つめ直すことで、仕事選びの軸が見えてくる

パナソニックnote編集部です。

今回は、パナソニックの2022年度入社予定、永島(ながしま)の「#この仕事を選んだわけ」をご紹介いたします。

★★★

はじめまして。来年度からパナソニックに入社予定の永島です。

パナソニックとnoteがコラボした投稿コンテスト「#この仕事を選んだわけ」が12月20日にスタートしました。

私はつい先日就職活動を終えて、これからの仕事を選んだばかり。そんな私

もっとみる
休日限定で農家をしながら野望を叶える課長の舞台裏【後編】|レッツノートと私と。

休日限定で農家をしながら野望を叶える課長の舞台裏【後編】|レッツノートと私と。

〈登場人物紹介〉佐藤英治(さとう・えいじ)
メーカー勤務の経理課長。謹厳実直を絵に描いたような堅物だが、仕事ぶりは極めて正確で、あつく信頼されている。

井川丈留(いがわ・たける)
昨年から経理部に配属となった、佐藤の部下。邦ロックが好きで、大学時代はバンドでギターを弾いていた。

〈作者プロフィール〉
漫画/井上菜摘(いのうえ・なつみ)
漫画家。2014年、週刊少年マガジン連載「阿部のいる町」(

もっとみる
休日限定で農家をしながら野望を叶える課長の舞台裏【前編】|レッツノートと私と。

休日限定で農家をしながら野望を叶える課長の舞台裏【前編】|レッツノートと私と。

〈登場人物紹介〉佐藤英治(さとう・えいじ)
メーカー勤務の経理課長。謹厳実直を絵に描いたような堅物だが、仕事ぶりは極めて正確で、あつく信頼されている。

井川丈留(いがわ・たける)
昨年から経理部に配属となった、佐藤の部下。邦ロックが好きで、大学時代はバンドでギターを弾いていた。

▶︎後編はこちら

〈作者プロフィール〉
漫画/井上菜摘(いのうえ・なつみ)
漫画家。2014年、週刊少年マガジン連

もっとみる