パナソニック_ソウゾウノート

一人ひとりが、いま以上の「いま」をソウゾウしてゆくために。パナソニックの公式note「ソウゾウノート」は、<あしたのソウゾウが響き合う>をコンセプトに、毎日の営みのなかでこれからの道をソウゾウしていく場所です。みなさんがソウゾウしたことも教えてくださいね。

パナソニック_ソウゾウノート

一人ひとりが、いま以上の「いま」をソウゾウしてゆくために。パナソニックの公式note「ソウゾウノート」は、<あしたのソウゾウが響き合う>をコンセプトに、毎日の営みのなかでこれからの道をソウゾウしていく場所です。みなさんがソウゾウしたことも教えてくださいね。

マガジン

  • 一人ひとりの物語に、一人ひとりのパナソニック

    パナソニックの人は、一人ひとりが志とそれぞれの夢を持っています。そしてそのすべては「物も心も豊かな理想の社会」の実現のためにあります。そんなパナソニックで働く一人ひとりの志や夢をお伝えします。2021年5月からは毎週日曜日に掲載していきます。おたのしみに。

  • 【内定者編集部】#こうして今パナソニックにいる

    はたらくってなんだろう、自分って何者だろう、自分にできることってなんだろう。まずは知るところから始めてみよう。パナソニックグループの内定者から見た、パナソニックグループで働く人をお届けします。

  • 僕らの時代

    noteマガジン『僕らの時代』は、様々なフィールドでソウゾウリョクを発揮し、挑戦を続けている方々とコラボレーションしていく連載企画です。

  • 未来をつくる技術の現場から

    日々変化する世界の中で、「理想のくらし」をつくり続けるパナソニック。その現場ではたらく技術者たちにスポットライトをあて、商品開発のストーリーや、チームとしてプロジェクトにかける想いをお届けします。毎週月曜日に掲載していきます。おたのしみに!

  • Join2025

    大阪・関西万博に向けたパナソニックの想いや情報を発信していきます。

リンク

記事一覧

古きを知り、デザインの原点に返る

こんにちは。パナソニックのデザイナー、入社3年目の山村です。以前「歴史に残るデザインの理由」をテーマにしたオンラインイベントに、パネラーとして参加しました。この…

「理想のくらし」に答えはないから、みんなで考える場をつくりたい|PASSION vol.5

 何かを成し遂げるのに必要なのは、知識や経験以上に「それを実現したい」という情熱である。  創業者・松下幸之助がのこした考え方は今日も私たちの指針となっています…

5年先10年先の新しい文化をつくる 材料開発をしたい。

工務店をやっていた父親は、彼女にいろいろなものをつくってくれた。子ども用の衣装タンスや本棚、バレエの発表会で使う小道具、休みの日には肉まんやうどんなど...。成山…

オリンピック・パラリンピックがくれたもの―日常を少しだけ良くすることで、未来は大きく変わっていく

さまざまな困難を乗り越えて 開催された東京2020オリンピック・パラリンピック。パナソニックが国際オリンピック委員会、国際パラリンピック委員会と連動して進めてきた若…

デザインのマガジン「Story of Future Craft」 はじめます!

こんにちは!パナソニックnote編集部です。 パナソニックには社内デザイン部門があるのを知っていますか? 今年はパナソニックの創業103年目の年であり、デザイン部門がで…

#わたしの舞台裏 ~投稿作品ご紹介③~

こんにちは。ソウゾウノート編集部です。 10月15日(金)〜17日(日)の3日間におこなわれる創作のための祭典「note CREATOR FESTIVAL」。開催にあわせてお題企画「 #わたしの

古きを知り、デザインの原点に返る

古きを知り、デザインの原点に返る

こんにちは。パナソニックのデザイナー、入社3年目の山村です。以前「歴史に残るデザインの理由」をテーマにしたオンラインイベントに、パネラーとして参加しました。このイベントはパナソニックミュージアム3周年記念として行われたもので、プロダクトデザイナーである自分にとっては松下電器時代の歴史的な商品を見ながら、改めてデザインを考える良い機会になりました。

オンラインイベントが行われたのは3月。「インダス

もっとみる
「理想のくらし」に答えはないから、みんなで考える場をつくりたい|PASSION vol.5

「理想のくらし」に答えはないから、みんなで考える場をつくりたい|PASSION vol.5

 何かを成し遂げるのに必要なのは、知識や経験以上に「それを実現したい」という情熱である。 

創業者・松下幸之助がのこした考え方は今日も私たちの指針となっています。連載企画「PASSION」では、「プロジェクト×人」という切り口でパナソニック社員やそこに携わる社外の方々にもお話しを伺い、それぞれが秘めた情熱の源泉を探っていきます。

今回スポットライトをあてるのは10月25日にリリースされたパナソ

もっとみる
5年先10年先の新しい文化をつくる
材料開発をしたい。

5年先10年先の新しい文化をつくる 材料開発をしたい。

工務店をやっていた父親は、彼女にいろいろなものをつくってくれた。子ども用の衣装タンスや本棚、バレエの発表会で使う小道具、休みの日には肉まんやうどんなど...。成山穂奈美が、将来「モノづくりで社会貢献したい」と思ったのは、近くでモノづくりのたのしさを教えてくれた父親の影響が大きかった。

大学院では高分子化学を専攻した。さまざまな機器に使われている材料を研究することには、多くの可能性があると思ったか

もっとみる
オリンピック・パラリンピックがくれたもの―日常を少しだけ良くすることで、未来は大きく変わっていく

オリンピック・パラリンピックがくれたもの―日常を少しだけ良くすることで、未来は大きく変わっていく

さまざまな困難を乗り越えて 開催された東京2020オリンピック・パラリンピック。パナソニックが国際オリンピック委員会、国際パラリンピック委員会と連動して進めてきた若年層参加型のコンテスト「SPORTS CHANGE MAKERS」も、2021年8月23日に有明・パナソニックセンター東京にて最終プレゼンテーションを実施しました。

「GOING BEYOND BARRIERS」をテーマに掲げた本プロ

もっとみる
デザインのマガジン「Story of Future Craft」 はじめます!

デザインのマガジン「Story of Future Craft」 はじめます!

こんにちは!パナソニックnote編集部です。

パナソニックには社内デザイン部門があるのを知っていますか?
今年はパナソニックの創業103年目の年であり、デザイン部門ができてから70周年になります。
当初はいわゆるプロダクトの色や形だけがデザインの対象となっていましたが、現在ではサービスデザインなど事業の幅も広がり、「気づく・考える・つくる・伝える」というプロセスを大切にし、インサイトの発掘や商品

もっとみる
#わたしの舞台裏 ~投稿作品ご紹介③~

#わたしの舞台裏 ~投稿作品ご紹介③~

こんにちは。ソウゾウノート編集部です。

10月15日(金)〜17日(日)の3日間におこなわれる創作のための祭典「note CREATOR FESTIVAL」。開催にあわせてお題企画「 #わたしの舞台裏 」にまつわる投稿ですが、2,800件を超える投稿が集まっております。ありがとうございます!

投稿は10月17日(日)まで受け付けておりますので、皆様の投稿引き続きお待ちしております。

本日はそ

もっとみる