パナソニック_ソウゾウノート

一人ひとりが、いま以上の「いま」をソウゾウしてゆくために。パナソニックの公式note「…

パナソニック_ソウゾウノート

一人ひとりが、いま以上の「いま」をソウゾウしてゆくために。パナソニックの公式note「ソウゾウノート」は、<あしたのソウゾウが響き合う>をコンセプトに、毎日の営みのなかでこれからの道をソウゾウしていく場所です。みなさんがソウゾウしたことも教えてくださいね。

マガジン

  • あたらしい「やさしさ」をつくる

    様々な視点を持つ人たちと対話を重ね、今まで見落とされていた声を拾い上げ、一緒に解決策を考える。あたらしい「やさしさ」のかたちを追求し、みんなが幸せになれる未来を目指していきます。

  • Story of Future Craft

    人の想いを察し、場になじみ、時に順応していく 社会を見つめ、未来を丁寧に創りつづける パナソニックのデザインフィロソフィー Future Craft を紐解きます。

  • 別冊q&d

    問い(question)と対話(dialogue)でくらしの理想を考えるパナソニックのライフスタイルメディア"q&d"。記事から生まれた人々との対話や、企画の裏側に込めた編集部の想いをお届けします。

  • 【noteコンテスト】#あの失敗があったから

    2021年5月24日(月)~2021年6月27日(日)まで開催の投稿コンテスト「#あの失敗があったから」についての投稿をご紹介するマガジンです。お手本クリエイターの方の記事やパナソニック社員の記事も掲載しています。

  • Join2025

    大阪・関西万博に向けたパナソニックの想いや情報を発信していきます。

リンク

記事一覧

自らの理想の解像度を上げ撮影がたのしくなるレンズを届けたい。

一眼レフカメラに魅せられたのは、大学生の頃。花を撮ることが趣味だった。レンズを通すと背景をぼかすことができたり、イメージ通りに世界を切り取ったりすることができる…

プロから学ぶ課外授業、高校生が描くデザイナー像とは?

親や教師など身近にいる大人“以外”の「働く大人」から直接リアルな声を聴き、自分の未来をデザインする第一歩とする。2023年4月に開校した京都市立開建高校(以下開建高…

非認知能力を高めるために親ができることとは ーグローバル編ー

「若鳥よ。烈風に身をかがめるな。はばたけ。まろびつころびつ限りなくはばたけ。」 創業者・松下幸之助は未来を担う若者たちへの応援メッセージを数多く残しています。そ…

グループ全体の未来を見据え、組織の「調達力」を高めたい。

大学院でハイドロゲルに関する研究に取り組み、学会の学生優秀発表賞を受賞したこともある大隅理佐。修了後は学んできた知識を活かして研究開発職に就きたい気持ちもあった…

データをフルに活用して、会社全体の最適化に貢献したい。

子どもの頃の森脇崇太郎にとって、遊び道具は買ってもらうものではなく、自分でつくるものだった。近くの森で拾ってきた木を切って、削って、飛行機の模型をつくったり、鉄…

人々の日常も、地球の未来も、もっとよくするショーケースを開発したい。

何かに夢中になった経験は、無駄にはならない。太田美奈はそう確信している。子どもの頃、好きなことを見つけるとずっとそればかりやっていた。たとえば一輪車が好きだった…

自らの理想の解像度を上げ撮影がたのしくなるレンズを届けたい。

自らの理想の解像度を上げ撮影がたのしくなるレンズを届けたい。

一眼レフカメラに魅せられたのは、大学生の頃。花を撮ることが趣味だった。レンズを通すと背景をぼかすことができたり、イメージ通りに世界を切り取ったりすることができる。工学を専攻していた工藤有華は、根っからの機械好きで、在学中はロボットサークルに所属していた。「チームでのロボットづくりを通して、自分ひとりでできることには限界があることを学びました。周りと力を合わせることで、モノづくりの成果はいっそう大き

もっとみる
プロから学ぶ課外授業、高校生が描くデザイナー像とは?

プロから学ぶ課外授業、高校生が描くデザイナー像とは?

親や教師など身近にいる大人“以外”の「働く大人」から直接リアルな声を聴き、自分の未来をデザインする第一歩とする。2023年4月に開校した京都市立開建高校(以下開建高校)には、そんなユニークな授業、「未来デザインプログラム」があります。Panasonic Design Kyotoと同校とは、その前身となる塔南高校の生徒たちと新しい校章のデザインに取り組んだこともあり、この授業にもパナソニックとして協

もっとみる
非認知能力を高めるために親ができることとは ーグローバル編ー

非認知能力を高めるために親ができることとは ーグローバル編ー

「若鳥よ。烈風に身をかがめるな。はばたけ。まろびつころびつ限りなくはばたけ。」

創業者・松下幸之助は未来を担う若者たちへの応援メッセージを数多く残しています。その思いは、いまもわたしたちの大きなテーマのひとつ。連載企画「youth for life(ユースフォーライフ)」では、若者が、自分や誰かの人生とくらしのために、その「青年の力(興味、関心、熱意、素直な心)」を大いにのびのびと、正しく使おう

もっとみる
グループ全体の未来を見据え、組織の「調達力」を高めたい。

グループ全体の未来を見据え、組織の「調達力」を高めたい。

大学院でハイドロゲルに関する研究に取り組み、学会の学生優秀発表賞を受賞したこともある大隅理佐。修了後は学んできた知識を活かして研究開発職に就きたい気持ちもあったが、もうひとつの道と迷っていた。

「研究も好きだったのですが、もっと人とコミュニケーションを取る仕事も自分に向いていると思ったんです。子どもの頃からずっとクラシックバレエをしてきたこともあって、みんなと一緒に何かに取り組んだり、人前に出る

もっとみる
データをフルに活用して、会社全体の最適化に貢献したい。

データをフルに活用して、会社全体の最適化に貢献したい。

子どもの頃の森脇崇太郎にとって、遊び道具は買ってもらうものではなく、自分でつくるものだった。近くの森で拾ってきた木を切って、削って、飛行機の模型をつくったり、鉄砲やパチンコをつくったり。時には森のなかに大きな秘密基地をつくって遊んだ。ものをつくること。それは森脇にとって、ごく普通のことであり、たのしくて、何より大好きなことであった。

高校生になり、大学への受験を考え始める頃、気になっていたのが当

もっとみる
人々の日常も、地球の未来も、もっとよくするショーケースを開発したい。

人々の日常も、地球の未来も、もっとよくするショーケースを開発したい。

何かに夢中になった経験は、無駄にはならない。太田美奈はそう確信している。子どもの頃、好きなことを見つけるとずっとそればかりやっていた。たとえば一輪車が好きだった時は、どこへ行くにも一輪車で移動。その時の経験が、思いがけないところで役立つこともあった。

「学生の時、児童館のアルバイトで子どもたちに一輪車を教えることができました。当時はただ好きでやっていたことを、活かすことができたんです。そんな経験

もっとみる