パナソニック_ソウゾウノート

一人ひとりが、いま以上の「いま」をソウゾウしてゆくために。パナソニックの公式note「ソウゾウノート」は、<あしたのソウゾウが響き合う>をコンセプトに、毎日の営みのなかでこれからの道をソウゾウしていく場所です。みなさんがソウゾウしたことも教えてくださいね。

パナソニック_ソウゾウノート

一人ひとりが、いま以上の「いま」をソウゾウしてゆくために。パナソニックの公式note「ソウゾウノート」は、<あしたのソウゾウが響き合う>をコンセプトに、毎日の営みのなかでこれからの道をソウゾウしていく場所です。みなさんがソウゾウしたことも教えてくださいね。

マガジン

  • 一人ひとりの物語に、一人ひとりのパナソニック

    パナソニックの人は、一人ひとりが志とそれぞれの夢を持っています。そしてそのすべては「物も心も豊かな理想の社会」の実現のためにあります。そんなパナソニックで働く一人ひとりの志や夢をお伝えします。2021年5月からは毎週日曜日に掲載していきます。おたのしみに。

  • 【内定者編集部】#こうして今パナソニックにいる

    はたらくってなんだろう、自分って何者だろう、自分にできることってなんだろう。まずは知るところから始めてみよう。パナソニックグループの内定者から見た、パナソニックグループで働く人をお届けします。

  • 僕らの時代

    noteマガジン『僕らの時代』は、様々なフィールドでソウゾウリョクを発揮し、挑戦を続けている方々とコラボレーションしていく連載企画です。

  • 未来をつくる技術の現場から

    日々変化する世界の中で、「理想のくらし」をつくり続けるパナソニック。その現場ではたらく技術者たちにスポットライトをあて、商品開発のストーリーや、チームとしてプロジェクトにかける想いをお届けします。毎週月曜日に掲載していきます。おたのしみに!

  • Join2025

    大阪・関西万博に向けたパナソニックの想いや情報を発信していきます。

リンク

記事一覧

変化し続けるビジネスの課題に ソフト設計で応えたい。

秘書を志望したきっかけは、ドラマで流行っていたから。面接の時はさすがにそうは言えなかったが、実はそうだった。今から考えると、あの時いろいろ見抜かれていたのかもし…

進化したHEMSで、住まいの空間に 新しい価値をつくりたい。

3歳の時に見た万博の光景を覚えている。太陽の塔の周りをロボットが動いていた。彼女の手を引きながら母親は言った。「このロボット、お父さんがつくったんだよ」。その日…

介護の課題に パナソニックの総合力で応えたい。

どこもかしこも工事中だった。安全ネットもない現場で作業しているたくさんの人たちが、つくっているのか、壊しているのか。それさえ分からなかった。だけど、街は熱気で包…

育児も国内外での仕事も 両立したい。

はじめて会ったパナソニックの人は、日本と海外を何度も行き来しながら仕事をする女性だった。あかるくて、エネルギッシュで、とても大人の女性って感じで。話しているうち…

世界中が注目するTOKYOから、 パナソニックブランドを発信したい。

「ありがとうございました」という言葉を聞いて驚いた。どうして「ありがとうございます」じゃないんだろう。日本語には感謝の言葉に過去形があることを教えてもらった時、…

大澤正彦さん「むちゅう」|僕らの時代 Vol. 4

自分らしい価値観をたいせつに、志をもって活躍している人とコラボレーションしていく「僕らの時代」。第4回目のゲストは日本大学文理学部次世代社会研究センター(RINGS)長…

変化し続けるビジネスの課題に
ソフト設計で応えたい。

変化し続けるビジネスの課題に ソフト設計で応えたい。

秘書を志望したきっかけは、ドラマで流行っていたから。面接の時はさすがにそうは言えなかったが、実はそうだった。今から考えると、あの時いろいろ見抜かれていたのかもしれない。入社して彼女が配属されたのは、コンピュータ事業推進部だった。

驚いたけれど、落胆はしなかった。「むしろ、知らない世界を体験させてもらえるんだという感動の方が大きかったですね」。当時は、パソコンもほとんど普及していない時代。それまで

もっとみる
進化したHEMSで、住まいの空間に
新しい価値をつくりたい。

進化したHEMSで、住まいの空間に 新しい価値をつくりたい。

3歳の時に見た万博の光景を覚えている。太陽の塔の周りをロボットが動いていた。彼女の手を引きながら母親は言った。「このロボット、お父さんがつくったんだよ」。その日からロボットをつくることが、彼女の夢になった。

高校になるとバイクの機構に強く惹かれた。メカにあこがれて、大学も精密工学科を選んだ。しかし、たまたま入った研究室で、誰もやろうとしなかったテーマに取り組むことになってから、進む方向が少し変わ

もっとみる
介護の課題に
パナソニックの総合力で応えたい。

介護の課題に パナソニックの総合力で応えたい。

どこもかしこも工事中だった。安全ネットもない現場で作業しているたくさんの人たちが、つくっているのか、壊しているのか。それさえ分からなかった。だけど、街は熱気で包まれていて、発展していこうとするエネルギーで渦巻いていた。胸の奥が熱くなった。「言葉ともうひとつ何かができたら、この熱気のなかで働けるんじゃないか」。1995年、はじめて来た中国で、彼女はそう思った。

就職するなら、中国の発展に貢献できる

もっとみる
育児も国内外での仕事も
両立したい。

育児も国内外での仕事も 両立したい。

はじめて会ったパナソニックの人は、日本と海外を何度も行き来しながら仕事をする女性だった。あかるくて、エネルギッシュで、とても大人の女性って感じで。話しているうちに、それまでぼんやりとした夢だった「国内・海外問わず、幅広く仕事をしてみたい」は、絶対にやりたいことになった。

「だけど、何の仕事が自分には合っているのだろう」。八木祐子は、内定が決まった後も悩んでいた。人事に相談してみると、経理の仕事を

もっとみる
世界中が注目するTOKYOから、
パナソニックブランドを発信したい。

世界中が注目するTOKYOから、 パナソニックブランドを発信したい。

「ありがとうございました」という言葉を聞いて驚いた。どうして「ありがとうございます」じゃないんだろう。日本語には感謝の言葉に過去形があることを教えてもらった時、日本語っておもしろいなって思った。

高校の時だった。姉妹校だった日本の学校に交換留学生として行った。2週間という短い間ではあったけれど、忘れられない日々だった。言葉の力に興味を持った彼女は、アメリカの大学で言語学を専攻。3年生の時、再び日

もっとみる
大澤正彦さん「むちゅう」|僕らの時代 Vol. 4

大澤正彦さん「むちゅう」|僕らの時代 Vol. 4

自分らしい価値観をたいせつに、志をもって活躍している人とコラボレーションしていく「僕らの時代」。第4回目のゲストは日本大学文理学部次世代社会研究センター(RINGS)長・大澤正彦さんです。

若き人びとよ。
つくりあげられた今までの世紀のなかで、あなたがたは育ってきたけれど、
こんどはあなたとあなたがたのこどものための世紀を、
みずからの手でつくりあげなければならない時がきているのである。
(出典

もっとみる