一人ひとりの物語に、一人ひとりのパナソニック

48

みんなのビジネスを前に進める 「稼げる法務」になりたい。

「電子材料って何?私、文学部だけど大丈夫?」。配属先を聞いて驚いた。電子材料事業部。いっ…

水の質を変えて、 新しい生活の価値を提案したい。

技術の仕事に携わっていた彼の父は、おもちゃを完成品で買ってくることは、あまりなかった。ま…

攻めの品質管理で、世界最高水準の 車載品質を揺るぎないものにしたい。

「ひとつの分野に留まっているのは性に合いません。いろんなことを知りたいし、見たいし、試し…

より良い世界のために、 パナソニックを成長させ続けたい。

世の中にとって、何かいいことをしたい。学生時代の鈴木拓朗は、そんなことを思っていた。別に…

100年先もお役立ちできる、 パナソニックをつくりたい。

大学時代の彼女を、四文字熟語で表すとしたら、間違いなく「猪突猛進」だった。他の候補を考え…

お客さまの近くで、 ものに、思いをのせたい。

高校時代に大学のパンフレットを見ていた時、「こころの喜ぶモノづくり・感性工学」の文字に目…

水素エネルギーで動く、 新しい世界をつくりたい。

「あっ」。自動車雑誌を読んでいた藤井隆宏は思った。水素と空気で電気をつくることで走るクル…

現場目線を活かした販売戦略で、 くらしに寄り添いたい。

「現場で何が起きているのか、教えてくれる教科書。それが営業です」。テレビやレコーダー、オ…

マーケティングで、 海外の社会やくらしの向上に貢献したい。

北海道の小さな町で生まれ育った。「道外の広い世界を見てみたい。海外に飛び出し、言葉も文化…

海外市場で、パナソニックを 「憧れのブランド」に育てたい。

「勉強するヒマがあったら、バットを振れ」と父に言われて育った。小さい頃からプロ野球選手に…