一人ひとりの物語に、一人ひとりのパナソニック

50

世界中の生産設備を パナソニックのモータで革新したい。

母国ウズベキスタンの大学の友だちは、ヨーロッパやアメリカに目を向けていた。だから留学先は…

100年先もお役立ちできる、 パナソニックをつくりたい。

大学時代の彼女を、四文字熟語で表すとしたら、間違いなく「猪突猛進」だった。他の候補を考え…

マーケティングで、 海外の社会やくらしの向上に貢献したい。

北海道の小さな町で生まれ育った。「道外の広い世界を見てみたい。海外に飛び出し、言葉も文化…

海外市場で、パナソニックを 「憧れのブランド」に育てたい。

「勉強するヒマがあったら、バットを振れ」と父に言われて育った。小さい頃からプロ野球選手に…

眠っている膨大な知財をマネージメントし、 資産活用したい。

「自分は何がしたいんだろう。どんな仕事が向いているんだろう」。大学3年生。何となく流れで…

さまざまな国の人材が、 それぞれの強みを活かせる場をつくりたい。

「海外には興味がありませんでした。旅行はもっぱら国内。洋楽もそれほど好きではなかったです…

配線器具事業で世界トップシェアを獲り、 各国の発展に貢献したい。

大学生活の4年間を、ラクロスに打ち込んだ。大学日本一をめざして、トレーニングに明け暮れる…

人生を豊かにする業務革新を、 堅牢パソコンで提案したい。

「来週、イギリスの工場に赴任します」。そう切り出した藤永巌広が所属するのは、グローバル営…

グローバルに、クリエイティブに、 生産管理の道を究めたい。

「グローバルなスタンスで仕事がしたい」。就職活動にあたって、一瀬直人は進む道の指針をそう…

いつの日か、海外の新興国で 製造会社を経営したい。

入社8年目の頃、家電事業での人事の仕事を一通り経験した彼は、新たな学びと成長の機会を求め…