一人ひとりの物語に、一人ひとりのパナソニック

22

お客さまのお困りごとに何でも応えられる、 よろず屋になりたい。

「やりたいことは、全部やってみなさい」。何かに迷った時は、そう言って両親はいつも背中を押…

ITという道具で、 現場のお困りごとを解決したい。

もしも人生を年表のように表すとしたら、池田倫咲の子ども時代は、ハッキリと2つの時期に分け…

知財発の、クロスバリューイノベーションを 起こしたい。

「青色LED訴訟和解」のニュースを見たことがきっかけだった。「職務中に発明した技術の対価と…

世界のパートナーとモノづくりの価値を 最大限に引き出したい。

四六時中海外と電話して、英語で商談をまとめる。自分のそんな姿をイメージしていた。だから、…

世界で戦う基盤を、 IT技術でサポートしたい。

「就職セミナーも、採用試験も、面談も、私はロンドンで受けました」。就職活動をしていた頃を…

新素材の太陽電池で、 エネルギー社会を変革したい。

入社後、最初に配属されたのは本社研究部門のなかにある材料技術開発部。そこで、彼は有機EL照…

手がけた設備で、社会に役立つものを つぎつぎ生み出したい。

子どもの頃、テレビでロボットのコンテストを見るのが好きだった。「どうやって動いているの?…

微細ミストの可能性をクロスバリューで 広げて、世界を驚かせたい。

「環境に関わることをやってみたいです」。配属先の希望を人事からたずねられた田端大助はそう…

高齢者の心に寄りそうAIをめざしたい。

「AIに関わる仕事ができ、幅広い事業領域に展開できるフィールドがある」。それが松本裕一がパ…

アシストスーツで こころもアシストしたい。

中学生の頃、好きな音楽をMDに移しては毎日のように聞いていた。CDよりもコンパクトなのに、た…