マガジンのカバー画像

一人ひとりの物語に、一人ひとりのパナソニック

95
パナソニックの人は、一人ひとりが志とそれぞれの夢を持っています。そしてそのすべては「物も心も豊かな理想の社会」の実現のためにあります。そんなパナソニックで働く一人ひとりの志や夢を… もっと読む
運営しているクリエイター

#イノベーション

AR技術で、 ひとりでも多くの命を守りたい。

「人の命を守る仕事をしよう」。そう決めた。将来、どのような仕事をしたら人の役に立てるのか…

誰もが自分らしくくらせる住空間を AI技術で実現したい。

入社してわずか半年。配属されたゲーム開発の部署が、事業から撤退することになった時は驚いた…

水素エネルギーで動く、 新しい世界をつくりたい。

「あっ」。自動車雑誌を読んでいた藤井隆宏は思った。水素と空気で電気をつくることで走るクル…

エンターテインメントで、 いつか当たり前になる技術をつくりたい。

「おお!」と驚いた後、彼らは子どものように笑った。 それは映像クリエイターたちに自分たち…

アシストスーツで こころもアシストしたい。

中学生の頃、好きな音楽をMDに移しては毎日のように聞いていた。CDよりもコンパクトなのに、た…

カメラというクルマの目から、 安全な未来を見つめたい。

困っている人の助けになることがしたい。子どもの頃から、よくそんなことを考えていた。自分が…

画像処理の研究で世界を舞台に活躍し、 世の中に貢献したい。

とにかく目立ちたがり屋。それが、子どもの頃の安木俊介だった。人がやっていないことをやりたくて、人が知らないことを知りたかった。学校の勉強でも、誰かが分からないって言った問題は、何が何でも解こうとした。中学生になって、環境問題やエネルギー問題に興味を持つようになったのも、この大きな問題を自分が何とかできたらおもしろいと思ったから。それはやがて「自分の力で世の中のためになるようなことをしたい」という想いへと育っていった。 大学では物理を学び、「光」に関する研究をした。自然科学に

スキ
69