マガジンのカバー画像

【noteコンテスト】#自分にとって大切なこと

20
2021年2月15日(月)~2021年3月15日(金)まで開催の投稿コンテスト「#自分にとって大切なこと」についての投稿をご紹介するマガジンです。お手本クリエイターの方の記事も掲… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

Panasonicとnoteで開催した、「#自分にとって大切なこと」投稿コンテストの審査結果を…

2021年2月15日から約1ヶ月の間、大切にしていることについて語る「#自分にとって大切なこと」…

note公式
1年前

Panasonic×noteで、投稿コンテスト「#自分にとって大切なこと」を開催…

【4月26日更新】 審査結果を発表しました!以下の記事リンクからぜひご覧ください。 Panasoni…

note公式
1年前

#自分にとって大切なこと~投稿作品ご紹介01~

こんにちは。パナソニックnote編集部です。 2月15日から始まった投稿コンテスト「#自分にとっ…

#自分にとって大切なこと~投稿作品ご紹介02~

こんにちは。パナソニックnote編集部です。コンテスト開始から約3週間が経とうとしていますが…

#自分にとって大切なこと~投稿作品ご紹介03~

こんにちは。パナソニックnote編集部です。コンテストの終了が近づいてまいりましたが、すでに…

#自分にとって大切なこと~投稿作品ご紹介~社員編~

こんにちは。パナソニックnote編集部です。 2021年3月15日(月)で応募を終了させていただきま…

左胸を失って、生きやすくなったと思う

私には左胸がない。5年前に乳がんの手術をして、全て切り取った。乳房再建はしなかったので、私の左胸があった部分には、今も横一文字に引かれた傷跡が残っている。 服を着ていれば分からないので、見た目は普通の人と同じだ。普通の母親で、普通の店員で、どこにでもいる普通の人。術後も以前と同じように過ごしているので、こちらから伝えた友人以外、誰も私が乳がんだとは気付かないだろう。 唯一、温泉に行った時だけは、コソコソと着替えて、チャチャッと洗って、ドボンと浸かる慌ただしさにはなったが、

スキ
513

親友と20年ぶりのラーメン屋に行った話

茨城県の牛久市に、山岡家というラーメン屋があった。   地元から車で30分ほど。国道沿いの坂…

Ryohei Tanaka
1年前

女子高生の私が先生と契約を交わした話

期末テストの勉強期間に差し掛かろうと言う時期。私はいつもの通り数学という学問に絶望してい…

お金を使って楽しむことに罪悪感をおぼえていた私へ

25才の1月。 社畜だった私は新卒で勤めた会社を辞め、次の仕事につくまでの間に、なんとなく台…

ありがとうございました

小さいころ、家がパン屋だということがダイキライだった。 クラスのみんなみたいに郵便受けが…

サラシを胸に巻いてた妹に、黄色いミモザの花を届ける

2021年3月8日、「国際女性デー」のきょう。 この日は大切な女性へ、黄色いミモザの花を送るそ…

笑顔の魔法をかけてみたい

こんにちは みょーです。 パティシエ兼ブランジェをしていた頃の経験をまとめていきます。 …

みょー
1年前

スポットライトを当てるのは

   忘れられない写真がある。  帽子のつばの下、青いサポーターで右目をかくし、真剣なまなざしで試合を見ている控えの外野手。3塁側ベンチの前列に並んだ控え選手たちのなかに、彼はいる。  この日、わたしは生まれてはじめて高校野球を撮影した。      その後レギュラーになった彼の、逆転タイムリースリーベースも、ホーム生還のガッツポーズも、強肩バックホームもカメラにおさめたけれど、彼の写真のなかでいちばん印象に残っているのは、最初に撮影した日の青いサポーターの写真なんです

スキ
335