マガジンのカバー画像

一人ひとりの物語に、一人ひとりのパナソニック

94
パナソニックの人は、一人ひとりが志とそれぞれの夢を持っています。そしてそのすべては「物も心も豊かな理想の社会」の実現のためにあります。そんなパナソニックで働く一人ひとりの志や夢を… もっと読む
運営しているクリエイター

#移動のこと

想像以上の車載製品をつくって、世の中を感動させたい。

将来は、クルマに関わるモノづくりをする。それは多くの人がクルマづくりに携わる町で育った吉…

モビリティの未来へ、量産ラインの合理化を加速させたい。

「クルマの電装系のカスタマイズ、手伝ってくれないか」。高等専門学校に通っている頃、クルマ…

障がいのある人も健常者も働きやすい職場をつくりたい。

新たなモビリティ社会の実現をめざし、車載カメラやスマートキーレス、ETCといったADAS(先進…

ITの力を活用し、生産技術職として安全なクルマ社会に貢献したい。

柏木将希は、高専の卒業と同時に大学の3年次に編入学した。「就職先の選択肢が広がる」という…

AR技術で、 ひとりでも多くの命を守りたい。

「人の命を守る仕事をしよう」。そう決めた。将来、どのような仕事をしたら人の役に立てるのか…

水素エネルギーで動く、 新しい世界をつくりたい。

「あっ」。自動車雑誌を読んでいた藤井隆宏は思った。水素と空気で電気をつくることで走るクル…

世界中のクルマに影響を与える、 車載製品を開発したい。

子どもの頃は、学校から帰ると家でゲームをして遊んでいた。大きくなったら、「ゲームをつくる人になりたい」と思っていた。その夢は、高校生になった頃、「クルマをつくる人になりたい」に変わった。いつか空を飛ぶかも知れない。そんなクルマの未知の可能性に心惹かれたからだった。 就職活動は、自動車業界を中心に動いた。そのなかで、ひとりのリクルーターとの出会いから、電機メーカーのパナソニックが車載製品を開発していることを知った。それまで、就職先として1度も意識したことがなかったパナソニック

スキ
69

カメラというクルマの目から、 安全な未来を見つめたい。

困っている人の助けになることがしたい。子どもの頃から、よくそんなことを考えていた。自分が…

技術と人を動かし、開発した車載製品で 激動のクルマ業界に貢献したい。

中学時代にジャズのビッグバンドを始めた。パートはトロンボーン。「トランペットやサックスと…

自分のつくったセンサーで 未来の自動車を走らせたい。

はじめてひとりで修理ができたのは小学校の時、確かクリスマスツリーの飾りのライトだった。あ…