一人ひとりの物語に、一人ひとりのパナソニック

59
+4

女性技術者の目線で、 豊かなくらしづくりに貢献したい。

「ものをつくる前に、人をつくる」。学校の先生が教えてくれた松下幸之助の言葉。その時は、良…

+5

世界中の人にナノイードライヤーの性能を 実感してもらいたい。

「ドライヤーで、何かご不便されていることありますか?」。機会があれば、そんな質問をすると…

+4

誰もが自分らしくくらせる住空間を AI技術で実現したい。

入社してわずか半年。配属されたゲーム開発の部署が、事業から撤退することになった時は驚いた…

水の質を変えて、 新しい生活の価値を提案したい。

技術の仕事に携わっていた彼の父は、おもちゃを完成品で買ってくることは、あまりなかった。ま…

お客さまの近くで、 ものに、思いをのせたい。

高校時代に大学のパンフレットを見ていた時、「こころの喜ぶモノづくり・感性工学」の文字に目…

照明と空間を組み合わせ、 くらしに新たな価値を生みだしたい。

「星が好きでした。特にペルセウス座流星群。夜、家の屋根に上って流れる星を数えるのが夏休み…

手がけた設備で、社会に役立つものを つぎつぎ生み出したい。

子どもの頃、テレビでロボットのコンテストを見るのが好きだった。「どうやって動いているの?…

微細ミストの可能性をクロスバリューで 広げて、世界を驚かせたい。

「環境に関わることをやってみたいです」。配属先の希望を人事からたずねられた田端大助はそう…