マガジンのカバー画像

【noteコンテスト】#この仕事を選んだわけ

31
2021年12月20日(月)~2022年1月24日(月)まで開催の投稿コンテスト「#この仕事を選んだわけ」についての投稿をご紹介するマガジンです。お手本クリエイターの方の記事やパ… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

パナソニックとnoteで開催した、「#この仕事を選んだわけ」投稿コンテストの審査結果…

2021年12月20日から約1ヶ月にわたって開催した、自分が仕事を選んだ理由について語る「#この仕…

2か月前

集団面接で引きこもりの話をした。

今から二年半前、引きこもりと転職を繰り返して自分に自信が持てず24歳にもなって接客業の経験…

4か月前

ジンが歩き回る理由が知りたい:僕が『言語聴覚士』という仕事を選んだわけ

「この子、何をやっているんだろう・・・」 この疑問が、僕をこの仕事に向かわせる原点。 高…

4か月前

私が「つまらなそう」と思っていた父の仕事

私は昔、父の仕事が不思議だった。 というよりも、正直今思い返すと恥ずかしい限りなのだが、…

投げやりだったわたしでも

 受信トレイのいちばん奥に、お守りが入っている。鍵のマークがついたそれは、鈴木先生が職場…

3か月前

「違和感」と向き合い自己対話を重ねることで見えた世界

「で、あなたはいったいどうなりたいの?」 外資系メーカーの広報として働き始めて4年目の夏…

4か月前

わたしがデザイナーの道を選んだ理由、18年目に思うこと

こんにちは!ユキックス(@MILKIT_DESIGN)です。 今回は 「#この仕事を選んだわけ 」というお題を見つけたので、 わたしがデザイナーになった経緯を綴っていこうと思います。 幼少期 埼玉県さいたま市で会社員の父、専業主婦の母、3歳離れた妹のもとで生まれ育ったわたしは、幼稚園の頃の夢はケーキ屋さん。 物心ついた時には師範だった祖母から習字を習い、近所の音大卒の先生のもとでピアノを習い始めていた。 小学生 - 中学生 平成を迎えてすぐに当時の浦和市から大宮市へと

スキ
162

コンサルタントを10年やった私が顧問編集者をやる理由

10年働いたコンサルティング会社をやめ、今月から株式会社WORDSに転職しました。 WORDSはまだ…

4か月前

どの仕事が良いかなんてわからない! わかるわけないんだ!!

#この仕事を選んだわけ 早速だが、私は今の自分の仕事を選んでいない!! この仕事になる過程は…

ひょっとしたら、“calling”かも知れない

「なんで、そんな体育会系の会社に入ったの⁉︎」 僕が体育会系とは程遠い性格をもち、驚くほ…

4か月前

"ありのまま"が分からない人へ伝えたい「自信がなくても大丈夫」と言える理由

「自分に良いところなんてあるのだろうか――」 小学3年生の自分は気付いてしまった。 超努力…

3か月前

1年で港区OLを辞めて田舎で介護を始めたわけ

私は今、田んぼに囲まれた場所にある特別養護老人ホームで、ケアワーカーとして働いています。…

4か月前

おしゃれが大好きなわたしがおしゃれをできない仕事に就いたわけ

わたしは保育士をしてます。職業を名乗ると大抵「大変ですね」と言われがちなあの保育士です。…

4か月前

昨年の今日、私は今の会社の内定をもらった。

12月28日最終営業日。池尻大橋の駅まで向かう道端で、白い息を吐きながら電話を取りました。 この1年で私の人生は大きく変わりました。もしかしたら今頃海外の大学に行っていたかもしれない私は、今年の4月から新入社員として日本の企業で働き始めました。自分が働くなんて思ってもいなかったのに、去年の10月から就活を始め、もう年の瀬が迫った12月の最終営業日に内定の通知の電話を受け取りました。 電話で私に結果を伝えてくれた若いお姉さんの声。これで良い年を迎えてくださいね。そう言ってく

スキ
211