「人に尽くす“人事”の仕事」就職浪人の道を選んで掴んだ自分のやりたいこと
見出し画像

「人に尽くす“人事”の仕事」就職浪人の道を選んで掴んだ自分のやりたいこと

パナソニック_ソウゾウノート

パナソニックnote編集部です。

今回は、パナソニックの2022年度入社予定、河村(かわむら)の「#この仕事を選んだわけ」をご紹介いたします。

★★★

はじめまして。来年度からパナソニックの人事部門に入社予定の河村です。

パナソニックとnoteがコラボした投稿コンテスト「#この仕事を選んだわけ」が12月13日にスタートしました。

僕がどんなふうに就活と向き合ったか、そしてどんな仕事を選んだのか、お話してみます。

自分の強みを増やしたくて、長期インターンに参加

中国人の両親を持つ僕は、幼いころから中国と日本を行き来していました。小学校入学前や中学時代など、トータルすると10年近く中国で暮らした経験もあります。日本では「外国籍のマイノリティ」として扱われることもあったけれど、早い時期から言語力を磨けたことは、自分の強みだと感じていました。

ところが、大学2年の9月から8ヶ月間過ごしたカナダ留学でのこと。これまでの価値観を覆す出来事があったのです。

日本にいると、日本語以外の言葉を話せることが大きな武器でした。けれど、多文化主義国家のカナダには、バイリンガルやマルチリンガルがたくさんいます。9割以上の人が母国語以外の言語を話せると知ったとき、自分の強みが静かに消えていくのを感じました。

この先の自分の将来を見据えると、このままではいけない。漠然とそんな想いに突き動かされました。

言語力だけでなく、何か専門的な知識や経験を身につけようと考え、次にチャレンジしたのが長期インターンでした。これから自分がどんな社会人になるのか全くイメージできなかったから、まずは企業で実際に働いてみようと思ったんです。

日系企業で社会人と学生のマッチングイベントの企画・運営をしたり、外資系企業で中途採用のアシスタントをしたり。いろいろな経験を積むうちに、気づけば「人事」という仕事への興味が深まっていました。

たとえば採用の仕事は、誰かの人生に大きな影響を及ぼす仕事です。

インターンでは候補者がどんな想いで仕事を探しているのか、候補者と企業が本当にマッチするのかなど、相手の気持ちに寄り添うことが大切だと学びました。また、スカウトや面接調整などのタスクひとつを取っても、毎回「この人のために僕は何ができるだろう」と考えながら仕事を進めていくことに、とてもやりがいを感じることができました。

さらに、自分が採用をサポートした方から「河村さんのおかげで楽しく働けているよ」と言っていただけたり、採用チームのリーダーから「今後もあの方みたいな人材をどんどん採用に繋げて欲しい」と認めてもらったりしたことで、さらにやりがいを感じることができました。

人に尽くす人事担当者になりたい理由

インターンで業務の一端を経験したことで、興味を持った人事の仕事。どうしてそんなに魅力的に思えたのかを考えてみると、高校時代の経験にも理由がありました。

そのころ、僕は訳あってひとり暮らしをしていました。家事をしながら勉強や部活をする毎日で余裕がなく、心身ともに疲れてしまっていたのです。そんな僕を見かねて献身的にサポートしてくれたのが、部活であるバレー部の顧問の先生でした。

言ってしまえば、ただの顧問です。部活だけ見ていても良いはずなのに、先生は僕の毎日のお弁当を代わりに作ろうとしてくれたり、歴史が苦手だった僕のために担当教師に補講を頼んでくれたり、さまざまな角度から僕の面倒を見てくれました。

人生を振り返ると、その先生だけではなく、いろいろな方のサポートがあって今日までやってこられたのだと強く感じます。自分が今までもらった恩の分だけ、僕も人に尽くす仕事がしたいと感じました。

日系グローバル企業で言語力を生かし、海外でも活躍したい

「人に尽くす仕事がしたい」という思いに加えて、自分のバックグラウンドを生かすため、ゆくゆくはグローバルで活躍できるような人になりたいと思いました。

そのために、日系大手の企業に入ろうと決意。外資系企業よりも、活躍できる場所があるんじゃないかと考えたのです。

外資系の場合、本社は他の国にあるから、まずは日本支社で働くことになるでしょう。でも、本社が日本支社に求める第一目的は、日本でビジネスを成功させること。となると、その会社で一番面白い仕事は日本国内にある可能性が高そうです。それよりもグローバル展開している日系企業に入ったほうが、海外でチャレンジングな仕事ができるように思いました。

メーカーで人事の仕事がしたいと思った。その中でパナソニックを選んだ理由とは

人に尽くす仕事ができて、グローバルにチャレンジできる日系大手企業。そんな軸で注目したのが、パナソニックでした。理由は大きくふたつあります。

ひとつ目は、モノづくりをするメーカーと組織づくりをする人事の仕事は、根元のところで似ている部分が多いように思ったから。

たとえば、家電製品には価値があるけれど、その製品を一つひとつの部品に分解してしまえば、部品単体にさほどの価値はありません。さまざまな部品をうまく選び、組み立てていくことで、家電製品というものができて初めて価値が生まれます。

組織づくりも、それに似ていると思いました。ひとりでできる仕事の量や質には限界があっても、社内外から最適な人材を探し、それぞれがうまく力を発揮できる環境を用意することで、個々のパフォーマンスを何倍にも高めることができます。

だから、メーカーという場所で人事という仕事をやってみたいなと、シンプルに思いました。

ふたつ目の理由は、パナソニックの人がすばらしかったからです。選考中も一方的にジャッジされているのではなく、僕のことを深く知ろうとしてくれているのが伝わってきました。面接ではテンプレートの質問が多くなる会社もある中で、僕のこれまでの歩みや価値観などを知るために、いろいろな角度から質問をしてくれたんです。

面接が終わったあとには「こういうところがとてもよかったよ」「せっかくユニークな経験をしているんだから、もっと自信を持って話したほうがいい」などと、親身なフィードバックまでいただきました。

僕は2021年卒で、1年間の就職浪人をしています。連続してお祈りメールをもらい「自分には価値がないのかな」なんて考えてしまうほど、つらい思いもしてきました。だからこそ、学生とまっすぐ向き合ってコミュニケーションを取ってくれることや、真摯なアドバイスをしてもらえることが、心からうれしかったのです。パナソニックという会社の温かみを、強く感じました。

自分のフィーリングを信じて、挑戦する

入社後は、人事のスペシャリストを目指したいです。長期インターンでは採用業務に携わりましたが、これからは採用だけでなく採用後の育成業務にも関わってみたい。

インターンだけでも、採用の仕事はとてもやりがいのある仕事だと感じました。でも、働きはじめる前は、その魅力に全く気づいていなかったんです。だったら、これからほかの仕事にもチャレンジしていく過程で、新しい興味関心がきっと芽生えていくだろうと思っています。

まずはそうやってジェネラリストとしてのキャリアを積み、自分にどの分野がマッチするのかを見極めていきたいです。

多種多様な製品を世に送り出すパナソニックには、ほかにもたくさんの業務があります。僕は、現時点で人事の仕事にとても興味があるけれど、さまざまな道に挑戦し、視野も広げながら、自分を磨いていきたいです。

就職活動は、大変だったけれどいい経験でした。ちなみに、ためらいつつも就職浪人を選べたのは、カナダ留学の経験が大きかった気がしています。

カナダでは、学校を卒業してから働くまでに1年間休みを取り、好きなことをして過ごす「ギャップイヤー」という制度があるんです。そういう文化を見ていると、納得のいく就活をするためなら、一年くらい浪人してもいいんじゃない?という気がして。自分なりの正解を探すために、就職浪人の道を選びました。でも、おかげで自分が何をしたいのか明確になり、パナソニックとのご縁ができたのだから、自分を信じてやってみてよかったです。

<プロフィール>

河村昇 (かわむら のぼる)
立命館大学 文学部人文学科 現代東アジア言語文化専攻
幼少期や中学時代など、トータル10年間中国に住んだ経験を持ち、日本語・英語・中国語のトリリンガル。学生時代、カナダ留学や長期インターンを経験。
◆パナソニック採用HP

★★★

「#この仕事を選んだわけ」コンテスト開催中

あなたの「この仕事を選んだわけ」についての投稿を募集します。

なぜいまの仕事を選んだのか、この仕事を選んでよかったと思ったこと、仕事を選ぶうえで大切にしていることなど、みなさまの「仕事を選んだ理由」について、自由にご投稿ください。

記事投稿を通して自分自身の過去の選択を肯定できるかもしれませんし、過去の自分と同じように悩んでいる誰かの後押しだったり、視野を広げたりするきっかけになるかもしれません。

私たちのnoteでも、みなさまの作品を選考とは関係なく、随時取り上げていきたいと思います。

みなさんにとっての「#この仕事を選んだわけ」、ぜひお待ちしております!

コンテスト詳細はこちらから。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
これからもよろしくお願いします!
パナソニック_ソウゾウノート
一人ひとりが、いま以上の「いま」をソウゾウしてゆくために。パナソニックの公式note「ソウゾウノート」は、<あしたのソウゾウが響き合う>をコンセプトに、毎日の営みのなかでこれからの道をソウゾウしていく場所です。みなさんがソウゾウしたことも教えてくださいね。