「カーボンニュートラル」というCO2排出ゼロの考え方
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

「カーボンニュートラル」というCO2排出ゼロの考え方

こんにちは!パナソニックnote編集部です。
新型コロナへの対応で、2020年の世界の二酸化炭素(以下CO2)の排出量が前年より7%減った、というニュースがありましたが、コロナが収束するとCO2排出量が増えてリバウンドするという試算もあり、人間の活動が地球の温暖化の原因だと改めて考えさせられました。

123カ国1地域が温室効果ガス排出ゼロを宣言!

そんな中、ついに日本も「2050年までに、温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする、すなわち2050年カーボンニュートラル、脱炭素社会の実現を目指す」ことが宣言されましたね。

調べてみると、2050年までのカーボンニュートラルにコミットしている国は、日本を含めて123カ国1地域(2020年12月「経済産業省」発表資料から引用)あるそうで、脱炭素社会に向けて世界全体で動いているんだなと感じます。

企業も「カーボン・ニュートラル」やってます!

カーボン・ニュートラルは、国だけではなく企業でも取り組みをしていて、私たちパナソニックでは、脱炭素社会の実現に向けて、2050年までに「創るエネルギーが使うエネルギーを超える(使うエネルギー<創るエネルギー)」ことにチャレンジしているんです!

パナソニックの気候変動対策の取り組みについて、3月5日からパナソニックセンター東京1F・SDGs展示コーナーで紹介しています。また、展示内容の更新に合わせて、3月18日にはESGをテーマにしたイベントを実施します。

SDGs展示

CO2ゼロ旅行「グリーン・トラベル」からやってみませんか?

日本のCO2排出量(2018年度)は、圧倒的に産業部門が占めていますが、家庭部門(運輸部門の自家用自動車含む)からの排出量は、国内全体の23%を占めていることはご存知でしたか?個人や家庭でできる省エネ活動はありましたが、努力しても削減できない分のCO2排出量をゼロにできるプラットフォームがあります。

とはいえ、ソーラーパネルを取り付けたり、再エネ100%の電力に切り替えるのは難しいと思いますが、単発な活動として、CO2ゼロ旅「グリーン・トラベル」にチャレンジするのはいかがでしょうか?暖かい日が続き、お出かけや旅行を計画している人も多いと思います。

旅行には、移動・観光・宿泊・食事が含まれますが、それぞれにCO2が排出していることを忘れがちです。緊急事態宣言が解除されたら、私もグリーン・トラベルを計画してみたいと思います。

<CO2排出量ゼロのプラットフォーム>

四国カーボン・オフセット市場

株式会社 PEAR カーボンオフセット・イニシアティブ

Bye-Bye CO2

日本旅行「JRセットプラン Carbon-Zero(カーボンゼロ)」

H.I.S.「あなたの「旅」が地球の「未来」につながるカーボン・オフセット」


スキはソウゾウの原動力!
一人ひとりが、いま以上の「いま」をソウゾウしてゆくために。パナソニックの公式note「ソウゾウノート」は、<あしたのソウゾウが響き合う>をコンセプトに、毎日の営みのなかでこれからの道をソウゾウしていく場所です。みなさんがソウゾウしたことも教えてくださいね。