#思い込みが変わったこと 投稿作品ご紹介01
見出し画像

#思い込みが変わったこと 投稿作品ご紹介01

パナソニック_ソウゾウノート

こんにちは。ソウゾウノート編集部です。現在開催中のnoteコンテスト「#思い込みが変わったこと」は早くも2,000件を超える応募をいただいております。みなさんの作品を読むとひとりでは気づくことのできなかった思い込みも発見することができて自分の価値観を広がる気がしました。

思い込みが変わったことは、Twitterでも募集しています!

詳細は上記の応募フローをご確認ください。Twitterキャンペーンでもすてきなプレゼントをご用意しています。

それでは、noteに投稿いただいた作品のなかから5つピックアップしてご紹介します!
※選考とは無関係となります。ご了承ください。

★★★

【マンガ】図工の「ある授業」が苦手な子|かくたすずさん

「好きなように自由に作ってもいいんだよ」

「自由」ってなんだろう?縛られた方が良いのか、縛られない方が良いのか、どっちが良いのか、自由の本質についても考えさせられる作品でした。

★★★

"年上のお友達"から教えてくれたこと|ち あ きさん

『いつ、何に出会うか分からないのが人生だからね。』

「何が起こるか」ではなく、「何に出会うか」という言葉に、
人生は、「人との出会い」の連続で、その出会いからさまざまな道を歩んでいくのだと感じた作品でした。

★★★

ゲイは幸せになんてなれない|えいしおさん

甘酸っぱい恋で、「幸せってなんだろう」と考えさせられました。
と同時に、「幸せ」の形は多様であることも気付かされた作品でした。

★★★

「保育園の送りをやってるよ」は、対等ではない| なつみっくす|母親アップデートさん

「なんとなく」「周りがそうしているから」ではなく、自分がどうしたいかを大事にしながら、家事育児の分担は話し合っていければ良かったなと思います。

そのときのライフステージにあわせて支え合える、家族というチームのあり方を考えさせられる記事でした。

★★★

子供と買い物をして、モノの価値について考えたこと|ショコラ/Chocolatさん

大人からみたら小さな消しゴムでも、子どもにとっては明日の学校を楽しみにさせてくれるアイテムなのかもしれない。物の価値は人それぞれなんだと気づかされるやさしい記事でした。

★★★

引き続き、4月24日までご応募おまちしております!Twitterのフォローもよろしくお願いします!


この記事が参加している募集

多様性を考える

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
ありがとうございます!
パナソニック_ソウゾウノート
一人ひとりが、いま以上の「いま」をソウゾウしてゆくために。パナソニックの公式note「ソウゾウノート」は、<あしたのソウゾウが響き合う>をコンセプトに、毎日の営みのなかでこれからの道をソウゾウしていく場所です。みなさんがソウゾウしたことも教えてくださいね。