東日本大震災10年を迎えて | 都立富士高等学校附属中学校 内田紗瑛
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

東日本大震災10年を迎えて | 都立富士高等学校附属中学校 内田紗瑛

今から10年前、大きな地震が日本を襲いました。私は当時幼稚園生でしたが、その時のことは鮮明に覚えています。幸いなことに私は大きな被害には合いませんでした。しかし被災地の方々は私が想像もできないくらい怖く、辛い思いをされただろうと思います。そのような状況でも復興を成し遂げようとする被災地の方々の心の強さを、私は素晴らしいと思いました。また、国境を越えた心温かい支援にも心を動かされました。


今、新型コロナウィルスの流行で世界中が大変な状況にあります。その中で私がとても悲しく思ったことは、感染者への差別や偏見があるということです。感染は誰にでも起こりうることです。だから、感染した方を責めるべきではありません。私たちはもっと大きなウィルスに立ち向かわなければならないのです。しかし、私たちは支え合うことができます。心を強く持つことができます。東日本大震災の復興の時のように。誰もが不安を抱える中ですが、私は乗り越えることができると強く信じています。

 私たちを支えて下さる医療従事者の方をはじめとする沢山の方々へ感謝すると共に、コロナウィルスの収束と東日本大震災の1日でも早い復興を心から願っています。

震災から10年を迎えた今。
日本は、いえ、世界は未曾有の事態に直面しています。

そのような困難な状況でも、未来を見据え、力強く生きようとする若い世代の人々がいます。

3月中、パナソニック_ソウゾウノートでは、震災から10年を迎えた日本に向けて、そして新たな壁を乗り越えようとしている世界に向けて、次世代から寄せられたメッセージを掲載していきます。

協力:文化プログラムプレスセンター


よろしければシェアもお願いします!
一人ひとりが、いま以上の「いま」をソウゾウしてゆくために。パナソニックの公式note「ソウゾウノート」は、<あしたのソウゾウが響き合う>をコンセプトに、毎日の営みのなかでこれからの道をソウゾウしていく場所です。みなさんがソウゾウしたことも教えてくださいね。