新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

10年前と今 | 福島県いわき市立錦中学1年 舘心琉

今、世界中で新型コロナウイルスという感染症に苦しんでいます。10年前の東日本大震災の時と同じようなことになっています。
 東日本大震災の時は、マグニチュード9.0という大きな地震で津波がおしよせました。そのため、福島第一原子力発電所が爆発し原発問題が起こりました。私は当時、まだ小さくて、覚えていないことが多いですが、映像を見たり、話を聞いたりするだけで、怖い震災だったと思います。
 現在の新型コロナウイルスと東日本大震災の共通する点は、経済的に大きな影響を受けていることだと思います。東日本大震災の時は、津波や原発の影響でお店ができませんでした。そして今、日本では緊急事態宣言が発令され、イギリス・ドイツなどでは、ロックダウンをしています。そのため、飲食店やスーパーは営業が短縮され、これらに関わっている業者の方々も苦悩を強いられ、経済が回らず苦しんでいます。経済的に問題が発生すると、輸出輸入ができなくなって、食料が高くなったり、失業者も増えたりします。なので、新型コロナウイルスの一日でも早い収束のため、マスク、手洗い、手指消毒を徹底しています。
 この苦しい生活を一日でも早く終わらせるために、今できること、やらなくてはいけないことをして、明るい未来をつくっていきたいです。


震災から10年を迎えた今日。
日本は、いえ、世界は未曾有の事態に直面しています。

そのような困難な状況でも、未来を見据え、力強く生きようとする若い世代の人々がいます。

3月中、パナソニック_ソウゾウノートでは、震災から10年を迎えた日本に向けて、そして新たな壁を乗り越えようとしている世界に向けて、次世代から寄せられたメッセージを掲載していきます。

協力:文化プログラムプレスセンター


Thank you!!
パナソニック株式会社の公式noteアカウントです。このアカウントでは『ソウゾウリョクが世界を変える』という視点で社内外の様々なヒト・コトを紐解き、みなさんと共有していきます。