新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

#それぞれの10年 | 福島県立福島第四中学校2年 大波優月

私がこの10年を振り返ったとき、世界に伝えたいのは「あなたのフクシマをアップデートして」という事です。
ネガティブなイメージがついてしまった福島。ありがたいことに各地で募金活動が行われ、たくさんの方々に助けられました。可哀想な人達では嫌ですよね。知ってもらいたいのはそこから立ち上がった姿です。たくさんの力を借りて復興した姿をアピールしたいです。「10年」という節目はその大きなチャンスだと思います。先入観にとらわれず、ぜひ福島に「来て」、そして知ってください。
福島県のクリエイティブディレクターの箭内道彦さん監修のもと、福島県公式のイメージポスターが作成されました。そこには「来て」「呑んで」「味わって」「住んで」「ふくしま」という文字と、魅力を伝える写真があります。来ないとわからない福島をたくさんの方々に知ってもらいたいです。今はコロナ禍でなかなか「来て」というのは難しいかもしれませんが、10年経ち生まれ変わった姿を、ぜひインターネットなどを通じて知ってみてください。その時感じたことが今のあなたの中の「新フクシマ」です。
決して忘れてはいけない出来事です。復興した姿と同時に伝えていきたいです。もしもまた人々を不安にする出来事があったとき、それが希望となるかもしれません。

10年目、皆さんの中に明るい福島ができることを福島県民は望んでいると思います。


震災から10年を迎えた今。
日本は、いえ、世界は未曾有の事態に直面しています。

そのような困難な状況でも、未来を見据え、力強く生きようとする若い世代の人々がいます。

3月中、パナソニック_ソウゾウノートでは、震災から10年を迎えた日本に向けて、そして新たな壁を乗り越えようとしている世界に向けて、次世代から寄せられたメッセージを掲載していきます。

協力:文化プログラムプレスセンター


これからもよろしくお願いします!
パナソニック株式会社の公式noteアカウントです。このアカウントでは『ソウゾウリョクが世界を変える』という視点で社内外の様々なヒト・コトを紐解き、みなさんと共有していきます。