今月のソウゾウ(仮)|2022年1月号
見出し画像

今月のソウゾウ(仮)|2022年1月号

パナソニック_ソウゾウノート

新年あけましておめでとうございます。ソウゾウノート編集部です。

今月から、その月に行われるイベントや展示情報についてまとめてご紹介する「今月のソウゾウ(仮)」というコーナーをスタートしました! いつもの記事の箸休めとして気軽に読んでいただければうれしいです。

ところで、みなさんは「日々是新(ひびこれあらた)」という言葉をご存知ですか? パナソニックの創業者・松下幸之助は著書のなかでこの言葉を以下ように紹介しました。

年があらためれば心もあらたまる。心があらたまればおめでたい。正月だけがめでたいのではない。心があらたまったとき、それはいつでもおめでたい。
きのうもきょうも自然の動きには何ら変わりはない。照る陽、吹く風、みな同じ。それでも心があらたまれば、見るもの聞くものが、みな新しい。
年の始めは元旦で、一日の始めは朝起きたとき。年の始めがおめでたければ、朝起きたときも同じこと。毎朝、心があらたまれば、毎日がお正月。あらたまった心には、すべてのものが新しく、すべてのものがおめでたい。
きのうはきのう。きょうはきょう。きのうの苦労を今日まで持ち越すことはない。「一日の苦労は一日にて足れり」というように、きょうはまたきょうの運命がひらける。きのうの分まで背負ってはいられない。毎日が新しく、毎日が門出である。
日々是新なれば、すなわち日々是好日。素直で謙虚で、しかも創意に富む人は、毎日が明るく、毎日が元気。
さあ、みんな元気で、新しい日々を迎えよう。

出典:『道をひらく』PHP研究所


年始だけではなく日々新たな気持ちでむかえ、のびのびとソウゾウを重ねていく。それが何気ない毎日を明るく充実したものにしていくということなんですね。年始と意気込んで新しいコーナーをはじめた自分の身にしみます。

では、2022年1月の「今月のソウゾウ(仮) 」いってみましょう!


今月のパナソニックセンター東京

◆ パナソニックセンター東京年始営業日のお知らせ
年始は1月5日(水)10時より開館します。

◆12/12 、1/15 イベント「ロボットと遊ぼう」 
4足歩行ロボットのプログラミングに挑戦!プログラミングにはUIFlowと呼ばれるプログラミング環境を使用します。ワークショップではロボットにセンサを追加し、より高度なロボット作りを実施します。
※両日参加いただける方のみ。1月は第二回目の講座になります。

◆ 1/18〜 パナソニックセンター東京1F新展示オープン
SDGsに関する展示や読書スペースの充実など、リニューアルした展示でみなさまをお迎えします。

今月の推し〇〇

編集部が独断と偏見で選ぶ、今月の推しコーナーです。そのとき気になったイベント、本、音楽などなどあらゆるソウゾウを気ままにご紹介させていただきます。

◆アドミユージアム東京 「世界のクリエイティブがやってきた!2021」展ニューヨーク、ロンドン、カンヌの世界を代表するクリエイティブ・アワードの受賞作品が紹介される企画展です。期間中に以下スケジュールで海外の広告作品にふれることができます。

第1弾 THE ONE SHOW 2021 2021年12月4日(土)~2022年1月15日(土)
第2弾 D&AD Awards 2021 2022年1月22日(土)~2月26日(土)
第3弾 CANNES LIONS 2020/21 2022年3月15日(火)~4月16日(土)

良いクリエイティブは海をこえる!広告好きな編集部としては夢のような企画展でした。第2弾以降も楽しみです。

◆ダイアログ・ミュージアム「対話の森」
前々から興味のあったプログラム。年末にパナソニックセンター東京のスタッフ一同で体験してまいりました。対話によってダイバーシティを体感することができるミュージアムです。編集部は声のコミュニケーションを使わずに表情で対話する「ダイアログ・イン・サイレンス」に参加。体験後はお互いのことを思いやる気持ちが自然と芽生えていました。


2022年もソウゾウノートはびのびと更新していきます。世の中のおもしろいソウゾウがあればぜひTwitterからも教えてください。

では、今月もよろしくお願いします!

ソウゾウTwitter誘導バナー0630


この記事が参加している募集

note書き初め

ありがとうございます!
パナソニック_ソウゾウノート
一人ひとりが、いま以上の「いま」をソウゾウしてゆくために。パナソニックの公式note「ソウゾウノート」は、<あしたのソウゾウが響き合う>をコンセプトに、毎日の営みのなかでこれからの道をソウゾウしていく場所です。みなさんがソウゾウしたことも教えてくださいね。