見出し画像

#はたらくってなんだろう~投稿作品ご紹介02~明日で最終日です!

こんにちは。パナソニック株式会社note編集部の杉山です。

投稿コンテスト「#はたらくってなんだろう」がいよいよ明日で最終日を迎えます。たくさんの素敵な作品が集まっていまして、ひとつひとつ目を通すなかで、気付きをたくさんいただいています。本当に多様な考え方、捉え方、価値観がありますよね。こうした多様さをそのまま受け入れることが、今の時代の「らしさ」なのかな、と個人的に感じました。

ここでいくつか私が「らしさ」を感じた投稿を勝手ながらピックアップさせていただきます。

★★★

32歳、無職、海外在住になって思う、自由と働くということ  | 吉田恵理さん

慣れ親しんだ環境から、大きく環境の変化とともに手にした自由。そこでうまれた困惑という感情の中から、「はたらくこと」について語られています。自由と言うと、一見良いものであり、手に入れたいもののはずですが、そこであらためて「気づけたこと」は、「はたらく」を考える上での示唆をいただけると感じます。

★★★

はたらいて、好きな色で描く。 | Rie Negishiさん

ご自身の経験から、「はたらくこと」と「画用紙に好きな色で絵を描くこと」を重ねて語られています。

真っ白な画用紙に、どんな色を塗ろうかな、というわくわく。ひとつの色ではなく、様々な色と重なり、まざりあって絵ができあがっていく。そんな風に「はたらくこと」をとらえると、とても前向きに考えられるような気がします。

★★★

どちらも優しく、悩みながらも自分なりの「はたらくこと」を言葉にされていて、とても素敵な作品だと思いました。

まもなく〆切ですが、みなさまがどんな「はたらくこと」の意味をとらえているのか。私たちにも教えていただけるとうれしいです。たくさんのご応募をお待ちしております!

コンテスト詳細はこちらから。

パナソニック_ソウゾウノートについて、少しでも「良いな」と思ってくださった方は、フォローとスキをお願いいたします!!


ありがとうございます!
168
パナソニック株式会社の公式noteアカウントです。このアカウントでは『ソウゾウリョクが世界を変える』という視点で社内外の様々なヒト・コトを紐解き、みなさんと共有していきます。