一人ひとりの物語に、一人ひとりのパナソニック

61
+5

変化し続けるビジネスの課題に ソフト設計で応えたい。

秘書を志望したきっかけは、ドラマで流行っていたから。面接の時はさすがにそうは言えなかった…

+5

「技術」と「営業」。2つの目線から、 ニーズ以上の提案をしたい。

祖父が市役所の水道局に勤めていたことから、家にはよく工具が転がっていて、子どもの頃はそれ…

攻めの品質管理で、世界最高水準の 車載品質を揺るぎないものにしたい。

「ひとつの分野に留まっているのは性に合いません。いろんなことを知りたいし、見たいし、試し…

より良い世界のために、 パナソニックを成長させ続けたい。

世の中にとって、何かいいことをしたい。学生時代の鈴木拓朗は、そんなことを思っていた。別に…

現場目線を活かした販売戦略で、 くらしに寄り添いたい。

「現場で何が起きているのか、教えてくれる教科書。それが営業です」。テレビやレコーダー、オ…

配線器具事業で世界トップシェアを獲り、 各国の発展に貢献したい。

大学生活の4年間を、ラクロスに打ち込んだ。大学日本一をめざして、トレーニングに明け暮れる…

エンターテインメントで、 いつか当たり前になる技術をつくりたい。

「おお!」と驚いた後、彼らは子どものように笑った。 それは映像クリエイターたちに自分たち…

溶接機を中心に、スマートファクトリー化を 提案していきたい。

「正直、ショックでした...」。パナソニックへ入社が決まり、配属が「溶接システム部門」と伝…

人生を豊かにする業務革新を、 堅牢パソコンで提案したい。

「来週、イギリスの工場に赴任します」。そう切り出した藤永巌広が所属するのは、グローバル営…

人としての魅力を加えて、パナソニックを FAの「超一流ブランド」にしたい。

「人と接することが、本当に苦手でした」。よく通る声で、よどみなく語る犬山大志郎の仕事は、…