一人ひとりの物語に、一人ひとりのパナソニック

61
+5

パナソニックなら間違いない。 そう言っていただけるものを世界中に届けたい。

「あの旅が、私の人生観の核になっているんです」。森村淳は大学の時、バックパックひとつで日…

+5

進化したHEMSで、住まいの空間に 新しい価値をつくりたい。

3歳の時に見た万博の光景を覚えている。太陽の塔の周りをロボットが動いていた。彼女の手を引…

+6

より良い製品を、お客さまにとって より良い商品に変えていきたい。

就職活動をしていて気が付いた。自分たちが普段目にするさまざまなもの、たとえば商品やサービ…

+4

女性技術者の目線で、 豊かなくらしづくりに貢献したい。

「ものをつくる前に、人をつくる」。学校の先生が教えてくれた松下幸之助の言葉。その時は、良…

+5

世界中の人にナノイードライヤーの性能を 実感してもらいたい。

「ドライヤーで、何かご不便されていることありますか?」。機会があれば、そんな質問をすると…

+4

誰もが自分らしくくらせる住空間を AI技術で実現したい。

入社してわずか半年。配属されたゲーム開発の部署が、事業から撤退することになった時は驚いた…

水の質を変えて、 新しい生活の価値を提案したい。

技術の仕事に携わっていた彼の父は、おもちゃを完成品で買ってくることは、あまりなかった。ま…

マーケティングで、 海外の社会やくらしの向上に貢献したい。

北海道の小さな町で生まれ育った。「道外の広い世界を見てみたい。海外に飛び出し、言葉も文化…

海外市場で、パナソニックを 「憧れのブランド」に育てたい。

「勉強するヒマがあったら、バットを振れ」と父に言われて育った。小さい頃からプロ野球選手に…

照明と空間を組み合わせ、 くらしに新たな価値を生みだしたい。

「星が好きでした。特にペルセウス座流星群。夜、家の屋根に上って流れる星を数えるのが夏休み…