【noteコンテスト】#やさしさにふれて

33

やさしい先入観

出社しても朝から晩までだれとも話さずにそのまま退社することもある、いまのわたしからは考え…

取り置き

 二十年程前、当時私がアルバイトをしていた自転車店に、一人の少年がやってきた。少年は店の…

遅刻して先生に感謝された日

ルールとたったひとりの人間と。どちらが重たいのか。心から考えさせられたエピソード。 学校…

あたたかくてやさしい~息子が出会った関西のおかん達~

障害児をもつ親にとって、「子供の自立」はとても悩ましい課題だ。どこまで親が手を出して介助を…

あの女子高生は、予言者だったのかもしれない

家に帰ろうと地下鉄に乗ったら、次の駅で私の前に座っていた人が降りて、横並びの一番端の席が…

「やさしいあなたを知っている」と伝えるのは、一つの愛情表現かもしれない

あの人は、電車の扉の位置がわかるのかな──。 初めて目の不自由な方に声をかけたのは大学4…

背伸びして手をのばした、あの日の花束

あれは私がまだ小学4年生の時。 春の終わりに、私のクラスに教育実習のT先生がやってきた。 …

#やさしさにふれて 投稿作品ご紹介03

こんにちは。パナソニックnote編集部です。早いものでもう11月も最終日となりました。今年は特…

【寄稿文ご紹介】#やさしさにふれて |文:ちあきホイみ

こんにちは。パナソニックnote編集部です。 12月3日のイベント「普通って何だろう?」にご協力…

#やさしさにふれて 投稿作品ご紹介02

こんにちは。パナソニックnote編集部です。 なんとこのアカウントのフォロワーさんが1,000人を…